ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月25日 (火)

モンハン MH4~地雷とは何か?~

今回は地雷と呼ばれるいろいろなことについて考えていきます。


地雷とは一体なんなのか?


私なりの地雷についての解釈をまとめておきましょう。


【考えるシリーズ②~地雷とは何か?~】


地雷は本当はみえないからこその地雷なのです


しかし最近、目に見える地雷プレイヤーのことだけを指して地雷というプレイヤーを多く目にします。


今回地雷というものについて大きく3つ


1・地雷装備

2・地雷プレイ

3・地雷プレイヤー


に分けて書いていきます。


【1・地雷装備】


さて、地雷装備。


この響きだけで矛盾しているのですが地雷が目に見えていることになります。


目に見えている地雷ははっきりとわかっているので対処しやすいです。


モンハン4で言われる地雷装備とは何か個人的に思うものを挙げてみました。


・チーズ防具(スロットがあまっているのに有効活用していない)

・防具がバラバラ(ノースキル)

・防具で発動しているスキルと武器がかみ合っていない

・スキルは発動しているがクエストに見合っていない謎のスキル構成

・防具とスキルは問題ないが心もとない防御力(高レベルギルクエ)


以上の5点が要注意点だと思っております。


特に防具バラバラは問題でしかないので、自分が部屋主の場合お引き取り願う場合がほとんどです。


スキルも発動させればいいわけではなく、武器や敵に見合ったものがあります。


大剣を担いでいるのに自動マーキング・精霊の加護・まんぷく・広域化1でレベル100ギルクエに挑戦しようとした方を目にしたことも・・・


広域化はよく地雷スキル扱いを受けますが広域化2できちんと仲間のパラメーターを管理してくれるプレイヤーなら問題は無いと思います。


問題はつけているだけで何もしないプレイヤーなんです。


これのなんと多いこと・・・・・


広域化については別記事で書く予定ですが、広域化1だけでは回復なんてほぼ意味のないレベルです。


お守りのおまけで付いているならともかく広域化1を好んで発動させている方は今まで地雷プレイヤーであることが殆どでした。


防御力に関して言うと、高レベルギルクエ・☆7高難易度クエストであれば最低500以上は必要だと考えています。


ただし、発掘一式で450以上等は例外として考えるべきでしょう。


【2・地雷プレイ】


地雷プレイというのはクエストにいってみなければわかりません。


そこで地雷プレイで今まで被害を受けた例を挙げておきます。


・味方を攻撃する

・寄生プレイ

・効かないアイテム・罠を使う


以上3点が地雷プレイとして見るべきポイントです。


まず味方を攻撃してしまうことは間違いでもあることかもしれませんが、気をつけるとほぼなくなります。


特にガンナ―なのですが、拡散剛射なら仕方ない・速射orしゃがみうちの射線上に居続けるのが悪いなんていうのは言い訳にもなりません。


射線上に出てきてあたるのは仕方ありませんが、元からいる位置目がけて撃つのはもってのほかです。


剣士でも気をつければ味方を巻き込むことなど殆ど無いでしょう。


弓の拡散剛射で一番印象に残っていることを書いておくと


1乙されている状態で剛射拡散が真後ろで攻撃開始。
剛射を見事に当てられ行動強制キャンセルされたうえシャガルに狙われ回避できた攻撃が回避できずに死亡。
後、剛射を調子にのって私に撃った地雷プレイヤーも同じく死亡しクエスト失敗。


・・・モンスター攻撃せずになぜ私を。しかもよけられないで一緒に死亡。


流石にこれには驚いて、しばらく画面を見続けましたね。


こんなこともあるんだ~と。


また、仲間が射線上にでてきてもしゃがみうちを止めずに仲間の行動を拘束するのも何も考えていないプレイヤーだと判断しています。


モンスターが倒れているチャンスなのに自分の攻撃を優先して仲間の攻撃チャンスを奪うプレイヤーはパーティープレイをやる必要はありません。


チャンスメイクをしてくれた仲間からチャンスを奪う・・・こんな酷いプレイはまさしく地雷プレイと言っていいでしょう。


効果の無い罠やアイテムを平気で使うプレイを行うプレイヤーも要注意です。


ゴア・マガラに閃光玉をなげまくる、ラージャンが怒ってないのに落とし罠をはりだす等未だに遭遇します。


また寄生プレイは間違いなく地雷プレイです。


寄生に関しては行う側も学習しているようですぐに寄生に走るといったことを避ける寄生プレイヤーも多くなってきた印象を受けます。


遭遇したいくつかの例を挙げておきましょう。


・途中まで攻撃に参加していたのに突如距離をとって傍観し始める

・エリアチェンジの時についてこず元のエリアで待ち始める

・モンスターが気絶・転倒したときだけ攻撃に参加


といった具合です。


最後のは怖くて近づけないのに参加していて、チャンスの時だけ攻撃するというプレイヤースキルの足らない結果でしょう。


彼ら自身は攻撃が当たって大ダメージを負うのが怖くて近づけないということなのでしょうが、それも立派な寄生行為であるということをわかってほしい限りです。


自分の力量に見合わないクエストに参加したということを自白しているようなものなので、残念でなりません。


またこの力量足らずを自覚しているプレイヤ―の中には1乙するまでは攻撃を積極的に行うのですが、死んだあとは周りを走っているだけなど完全に寄生化することもあるので後述する地雷プレイヤーにも当てはまります。


【3・地雷プレイヤー】


地雷プレイと地雷プレイヤーはほぼ表裏一体なのですが、地雷プレイヤーの多くは地雷プレイに+してチャットの発言や定型文に人を不快にさせる要素が多い人と個人的には考えています。


それでは地雷プレイヤーの特徴を挙げておきましょう。


・チャットの定型文に煽るようなものを仕込んでいる、または発言する

・力量に見合わないクエストだとわかり急に謝る定型文を連発、寄生化する

・自分ルールを勝手に適用してしまう

・無言


大きく4点を挙げました。


まず定型文に煽るようなものを仕込んでいる人は大体が地雷プレイをやっています。


仕込んでいなくとも、すぐ地雷だなんだと言う方も酷いことこの上ありません。


自分が自分で地雷行動をとっているのに気付けていないのです。


また部屋主でもないのに自分ルールを適用してしまう方もいらっしゃいます。


簡単な話、大剣に集中がついていないのはおかしいだとかクエストのクリアタイムが遅すぎるから論外だ等々。


自分ルールは言わなければいいだけなのに、それを発言しスキルやプレイ内容を強要しようとしてきます。


あなた一人のために皆が動いているわけではないということに気付けていないのです。


そして最後に挙げたのが最悪最強の無言プレイヤーです。


彼らは何もチャットで発言することなく、やりたい放題をやらかします。


勝手にクエストを貼ったり、参加しようとしたり、味方をふっ飛ばしまくったり・・・


彼らに何か文句を言っても何一つ得られるものはありません。


退出するまでまつか、こちらが退出するかの2択となります。


【今回のまとめ】


地雷というだけではとてもまとめきれないほどいろいろな地雷が存在しているのです。


地雷の酷さを現すと>>>>>といったところでしょう。


地雷装備はまだ改善の余地がありますが、地雷プレイやプレイヤーに関しては改善することはかなり難しい問題です。


そして地雷に遭遇するのはフレンドのフレンドだったりするのでまったく気が抜けません。


フレのフレでは言いたいことも言えないこともありますからね。


野良では殆ど遭遇するので、攻撃されることの方が当たり前です。


悲しいのですが、これが今の現状でありこれからもそうでしょう。


寄生もまた然りです。


そういったプレイヤーを許す心を、もっと寛容になれ等とはいう気はありません。


地雷ではないフレンドさんを見つけ楽しく狩りをする。


それこそがこの酷い現状で楽しむ秘訣でしょう。


それでは今回はこれで


(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ



【余談・寄生プレイヤーの典型行動・装備について】


寄生プレイをするプレイヤーの多くに共通点が見受けられたので書いておこうと思います。


以下の3点が私が遭遇した高レベルギルクエで寄生行為を働いたプレイヤ―の共通点です。


1・無言でクエスト参加

2・バラバラ防具(ノースキル)orテンプレ(ナルガ倍倍)で片手か虫棒装備で防御500以下

3・クエスト出発の催促をする(何回も準備完了を繰り返すので音がけたたましく鳴ります)


この3点で寄生でなかったことはほぼありません。


ナルガ倍倍は強いからといって使っている方が多いですが、その真価を発揮できずに寄生化している方も多いのではないでしょうか?

あくまで個人的に目安にしているだけですのであしからず。

2014年3月24日 (月)

モンハン MH4~PTとは何か?改めて考える~

さてさて、いまだに飽きずにやっているモンスターハンター4ことモンハン4


最近PT(パーティー)を組むことはどうゆうことなのか?


特に野良プレイにおいて、楽しむためにはどうすべきなのか?


そう改めて考えさせられる場面に多く直面し、ブログに書いておくことにしました。


【考えるシリーズ①~パーティープレイ~】


まずモンハン4においてパーティーを組むことのメリットデメリットを挙げます。


メリット


・ソロプレイよりも速く強力なモンスターを狩れる

 

・自分のスキルが足りていなくても仲間がいればなんとかなる


上記2点が目を見張る点だと思います。


ソロよりも早く高レベルギルクエを回せるのはパーティーを組む最大のメリットでしょう。


しかも自分がそこまで慣れていないモンスターに立ち向かう際にも熟練者がいてくれれば、ダメージも多く入れてくれるのではるかに自分への負担も減ることでしょう。


デメリット


・ソロプレイで慣れている相手でも事故死がある

 

・妨害・寄生行為をされる(地雷関連の話)

 

・自分が死ななくてもクエストが失敗することがある

 

・打撃系武器でのスタン狙いがやりにくい

 

と大きく分けて4点。


複数人で立ち回る際は自分が狙われているのか、それとも後ろにいる味方が狙われているのかわからなくなる場面も少なくはありません。


そういった場合自分が狙われていないのに狙われていると勘違いをして死につながる回避行動をとってしまう場合もあります。


例えばシャガルマガラではノーモーションボディプレスという強力な一撃をこの勘違いで食らってしまう場合もあります。


地雷関係は別記事にてさらに細かく書く予定ですが、妨害行為の中で一番えげつないものは


「地雷プレイ・プレイヤーの無自覚な地雷行動」


だと考えています。


まさしく地雷で、目に見えないからこその地雷なんです。


また、自分がクエスト中一度もやられなくても仲間が3度やられて失敗してしまうパターンは何とも言えない悲壮感に苛まれます。


さらに一人で戦っているわけではないので、事故死と同じように特定部位を攻撃するのにも苦労することが多々あります。


打撃武器をかついでいって、一度もスタンが取れないなんていうことも慣れないうちは凄く悲しかったですね。


自分なりのメリット・デメリットをしっかりと見つめなおしたうえで、高レベルギルクエを楽しむためにはどうすればいいのか?


私なりの今現在のパーティー構成へのこだわりを書いておくことにしましょう。


【パーティーに求めること~ 高レベルギルクエ編 ~】


1・最低限のチャット「よろしく」と「お疲れ様」があればよい

2・いわゆる地雷装備(ノースキル等々)ではないクエストに適した装備

3・仲間を攻撃しない【要注意・拡散剛射弓 大剣斬り上げ 片手盾コン 等々】

4・弱点部位への攻撃ができているのか

5・睡眠状態の対処法(睡眠モーションの見分け・起こし方)

6・寄生行為をしていないか(スキル・防御力がたりずに戦意喪失しないか 等々


上記6点を挙げましたが、1・2は最低限必要なことだと考えています。


3以降は実際にクエストに行かなければ判別がつきませんが、特に重視するべきは3・5・6となります。


3は別記事にも書く予定ですが、仲間の行動不能にさせ被弾を招く等々恐ろしい事態に発展する可能性があります。


5の場合は睡眠状態で自己満足に走るプレイヤーがいた場合の落胆がそのままプレイ内容に影響することがあるので寛容にはなれません。


6は漁夫の利を得ようとするどうしようもないプレイヤーなので論外です。


4に関して言うとより快適な狩りをしていくための知識なので、適当にやっているかそうでないかの違いだと考えています。


なのですべてのプレイヤーに求めるつもりはありません。


以上6点を満たしたうえで次に判別したいのがそのパーティーは平均で何分でクエストを終えられるのか?という点です。


これについても個人的な考えをまとめておきます。


【シャガルマガラ高レベルギルクエ~クリアタイムでの判別~】


最良・4人3分台以内

・4人もしくは3人5分以内

普・4人7分以内もしくは4人弓・ヘビィのガンナ―構成での5、6分台

・4人10分過ぎ

最悪・4人15分以内もしくはクエスト失敗

クリアタイムを見るにあたってもちろんハメなしで考えていますが、3分台のハメなしPTは気持ちがよく回せます。


なるべくその人たちで何回も回りたいところです。


5分以内は悪くは無いですが今のところ物足りなさを感じているのも事実です。


特にガンナ―構成の5分過ぎは誰かしらの火力が足りていないので、抜けるべきかどうか考えてしまいます。


弓に関して書いておくと、剛射でなくても大丈夫なので剛射にこだわる必要は皆無です。


剛射は調子に乗って撃ちすぎてやられる可能性があるので、慣れていない場合個人的にはNGです。


4人10分過ぎというのは今では遅いタイムですので即抜け確定。


4人15分はもうありませんが、あったとしたら何がどう悪かったのか反省すべき点が多いことでしょう。


例外として2人でいく場合はあまりタイムは気にせずできる範囲でクリアします。


あまり2人で高レベルギルクエを回すこともありませんので除外してあります。


【今回のまとめ】


パーティーを組むことについて、どういった点でソロよりも勝っていて劣っているのか。


それはプレイしている人によって目的は違うことでしょう。


楽しむために組むこともありますが、今現在野良プレイでいい出会いがあることは希であると痛感しております。


フレンドと楽しむのはもちろんのこと、野良プレイにおいても楽しむためには自分のプレイにあった仲間を見つけ出すことが必要になってくるはずです。


自分のレベルにあったプレイスタイル・パーティーはゲームをより一層楽しませてくれることでしょう。


それでは今回はこれで


さんくす♪(o ̄∇ ̄)ノシ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »