ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« MH4~今年ハンターライフ総決算&ムシキング奮闘記~ | トップページ | DOD3~全てを終えて~ 追記 »

2013年12月29日 (日)

MH4~操虫棍のおさらい&おすすめ虫育成~ 追記&追記

ほい、ではMH4の操虫棍について色々書いていこうと思います。


【虫棒使用感&虫育成の方針についてのまとめ】

 

【虫棒操作】

 

まず今作MH4の目玉アクションである「ジャンプ攻撃&乗り攻撃」が一番やりやすい武器です。

 

更に虫も使った近・遠距離戦闘と戦う距離もさほど選ばないまさに万能武器と言えます。

 

とくに段差の無いところでもジャンプできることは大きく、乗り攻撃成功のダメージも馬鹿にはできないと個人的には思っています。

 

また各種エキスをとることによってハンターに効果を付属できる新しい戦闘スタイルを獲得しています。

 

ですがこれは逆に言ってしまうと「エキスをとらないとお話にならない武器」ということでもあります。

 

と4種類のエキスがありますが、各モンスターごとに取れるエキスの色が決まっているので戦う回数を重ねて覚えると戦うことも楽になるでしょう。

 

特に赤エキスをとると攻撃モーションが変わる&ジャンプ攻撃が2連撃になるといった変化があるため、乗りを重視したプレイをするなら最低でも赤エキスの効果は欲しくなります。

 

個人的に重視するエキスはとなります。

 

緑の回復エキスは状況によってとるとらないが変わってくるので常に重視するものではないのではずしました。

 

赤単体かエキスで常に戦うようにして、エキスが切れかけたら補充するか2色のエキスならまだ3色にすることで時間が延長&自信を強化して戦うのが理想です。

 

またエキスを取る際に使う虫の攻撃力はパワーにポイントをかなり振っていればなかなかの戦力となるので、ジャンプ攻撃をするだけではなく虫を使った遠隔攻撃も使っていきましょう。

 

【使用感】

 

実際今作をやり始めてからこの武器を使い始めるまで1か月以上期間はあいてるんですよねw

 

何故使ってみようと思ったのかといえば、たまにMH4について検索していたところ「エアリアルグレイブが強い」「この武器でギルクエ100シャガルは余裕」なんてみてしまってさぁ大変。

 

当時はまだへビィも使い始めたばかりでだったので、どっちが強いんだろ?ってまじめに思ってたもので・・・

 

結果威力はどう考えてもへビィボウガンの圧勝ですが、乗り攻撃が普段できないところでも仕掛けられるという魅力と虫の予想以上の使い勝手のよさに惚れたといったところ。

 

最初はエキスとかどこで何が取れるのかなんてさっぱりわからず、回数をこなしていくうちにだんだんなれはじめました。

 

段差のあるエリアでは他の武器でも乗り攻撃をしかけられるわで、あまりこの武器の特性もつかめていなかったことも含め不満は多かったですけどね。

 

でも虫の強化が済むと、そんな不満も消し飛びました。

 

まず作ったのがオールラウンド型の虫なんですが、モンスターの移動にもついていけるしちゃんとひるませたりもできるしとダメージを与えているのが目に見えてわかってきました。

 

それと何より回復エキス効果(大)の恩恵

 

HPが危ないときでも武器をしまわずに「エキスを取る・戻す・回復」とできる便利っぷり。

 

次にパワー型の虫を作りましたが、回復もできない・攻撃も遅すぎて与えられないとだめだめだったので、形はクワガタなのに活躍できなくて悲しくなったのを今でも覚えています。

 

虫棒はエキスを取らないと始まらない武器ですから、やはり虫の速度はある程度必要になってくると考えて良いでしょう。

 

また棒を振ってダメージを与えに行くときも、攻撃範囲がなかなか広いので仲間に迷惑をかけない攻撃が大事です。

 

同じ場所でかぶさって攻撃しようものなら間違いなく邪魔をしてしまいますから戦う場所は慎重に見極めましょう。

 

あと、虫は立派な戦力ですからジャンプや近距離攻撃だけではなく距離をとって虫に攻撃させるのも立派な戦法です。

 

無理に乗り攻撃を仕掛けるために赤エキスもとらずジャンプ攻撃ばかりやるのはあまりお勧めできません。

 

【お勧めの虫育成】

 

先述したように虫はパワーやスタミナ極振りにしてしまうとスピードがまったくない役立たずになってしまいます。

 

個人的に虫のスピードは87以上はほしいと考えていますので、ポイントの割り振りには注意しましょう。

 

また虫の容姿は割り振ったポイントで進化できる形は変わってくるので事前に調べておくと楽になると思います。

 

ただし、虫に属性値を割り振るのは個人的に好きではありません。

 

なぜかと言うと属性値に割り振るとその分基礎ステータス「体力・スタミナ・スピード」に割り振るポイントが少なくなってしまうためです

 

仮に属性値を割り振るならば1つの属性値&基礎ステータスの3つのうち1つに極振りが望ましいでしょう。

 

でも好きな容姿で活躍させたい!と思う方もいることでしょう。

 

なのでここで一つブルジョワ育成法をご紹介しておきます。

 

 

【虫のブルジョワ育成法】

 

1・好きな容姿の虫に進化できる分だけ餌を使ってポイントを割り振る

 

2・最終進化レベル8までもっていったら自分の好きなポイントに再度割り振る

 

以上です!!!

 

なーにがブルジョワじゃ!と思ったかもしれません。

 

でも結構虫餌があまっていないとこれってできないと思うんですよ。

 

パワー方に進化させて実際スピード>パワー>スタミナ(無属性)とかやろうとすると結構餌使っちゃうんですよ。

 

それがこちら↓013014

 

上のモナークブルスタッグは通常の進化ではありえないスピードになっています。

 

(ちなみに後日スタッグは完全無属性でスピード114まで伸ばせました。

どうもパワー96スタミナ60スピード114がこの時の虫の育成法の限界でした。)

※実際無属性でステータス・スピード極特化型にした場合スピード150の他の数値ほぼ変動なしというのが限界値のようです。スピードが無いと虫でスタンを取るにも取れないことは少なくないのでスピード限界値150無属性を目指すのがいいでしょう。

 

要は最終進化させた後に餌でポイントの再分配をして無属性のスピード&パワー型に作り変えたと言うことです。

 

下のアルジャーロンも万能型だったものをスピード特化万能型に作り変えました。

 

スピード111もあるとシャガルマガラでも苦労しないので楽しいですね!

 

特にスタッグはパワーがあるので弱ってきたときにがんがん当てると気持ち良いですし、アルジャローンは回復エキスの効果がなかなかのものなのでほとんど回復薬いらずになりますし・・・

 

虫いいですよ虫!

 

特にモナークブルスタッグはムシキング装備ことロワーガとの相性抜群です!

015017018クワガタ野郎がクワガタを使って戦うなんてまさに夢の競演ですよ!

 

しかも強いしね!

 

たまらねぇ・・・

 

【虫棒おすすめPT】

 

今作屈指の人気を誇る高レベルギルクエのシャガルマガラ。

 

そんなあいつをお手軽にかれるPT編成のご紹介。

 

自分・虫棒 他三人・ボウガンor弓

 

だったら4人全員でボウガンか弓でいいじゃないか!?ってあせってはいけません。

 

4人全員で遠距離武器で行くのもいいですが、結構怖いです。

 

だったら一人がそこそこダメージも与えられて、隙を作って戦えば良いじゃない!

 

ということでおすすめ武器はエアリアルグレイブ開闢の焔竜棍となります。

 

麻痺も弓でやってくれる場合があるので、PTの戦い方がわかったら開闢がいいかもしれないですね。

 

これで0分針でレベル100もお手軽に攻略可能です。002_2003_2

 

おそらくうまく立ち回っても、2回か3回乗り攻撃を成功させて少し戦えば死んでしまうことでしょう。

 

ボウガンや弓が少しでも多くダメージを与えられるように赤エキスをとっていっぱい乗り攻撃につなげられるようがんばりましょう!

 

 

さて、今年のモンハンについての話は今回で終わりです

ではではノシ

« MH4~今年ハンターライフ総決算&ムシキング奮闘記~ | トップページ | DOD3~全てを終えて~ 追記 »

ゲーム」カテゴリの記事

モンハン4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651826/54423871

この記事へのトラックバック一覧です: MH4~操虫棍のおさらい&おすすめ虫育成~ 追記&追記:

« MH4~今年ハンターライフ総決算&ムシキング奮闘記~ | トップページ | DOD3~全てを終えて~ 追記 »