ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« MH4~野良プレイで思うこと~ | トップページ | MH4~へっぽこハンター闘技大会全Sへの道~ »

2013年10月27日 (日)

劇場版 「まどかマギカ 叛逆の物語」 ネタばれ含む感想 

昨日観て色々と思うところもあったので感想を書いていこうと思います。

ネタばれのある感想となってしまうので写真下から始めます。

ネタばれNGな方はバックしてください。007008さっそく物語のあらすじを簡単に書くと

「ほむほむが世界を支配しました、“愛”故に」

ということになります。

全ての存在を超越し円環の理としての一現象となったアルティメットまどか、未だ驚異の超能力をもったインキュベーターらさえも凌駕する力を持ち悪魔として覚醒したほむほむ。

びっくりなんてもんじゃないですよ。

ワケガワカラナイヨ

って心の中で呟きましたわ。

いやいや、ほむほむがついに自分の為に世界を乗っ取ってしまった。

その割には、終盤ほむほむの顔がかなりやつれていましたね。

ほむほむこれからまどか達と闘う覚悟のようです。

ってやっぱこの映画で終わらせる気ないでしょwww

前回の映画のパンフレットに「次の映画で終わらせる気ない」と書いてあったので期待していましたが、これ続かせようと思えば「いけるじゃん!」という終わり方。

魔女の幼体?(孵化できない状況下でコントロール)・まどか殊円環の理をおびき寄せるための餌・インキュベーターの支配下(実験体)に置かれていたという驚きの連続でもありましたけど、何より凄いのはほむほむの魔女としての能力でしょうか。

記憶改ざん凄過ぎますね。この力でほむらを助けに来たアルティメットまどかの記憶すら書き変えてほむほむが望んだまどかに仕上げてしまったわけですし。

悪魔となってからは世界すら書き変えて、一人ひとりの記憶を改ざんして・・・

ほむほむ悪魔ですわぁ。

ただ悪魔として覚醒したほむほむもたまりませんが、一番活躍したのっておそらくさやかちゃんなんだと思います。

多くの人の株が爆上げになったのではなかろうか?と思ってツイッタ―とかで「さやか」で検索するだけでかなりの人が見直しているようです。

もちろん私もその一人!

それにさやかちゃん達元魔女勢は円環の理の一部となってるとか驚きました。

自信曰く“カバン持ち”らしいですけどw

中盤からどんどんあれ?このさやかちゃんなんか凄い・・・って思ってたら魔女化した!?しかも、強いw

魔女かしたさやかちゃんと分離して攻撃してたのもカッコ良かった。

でもこの映画でさやかちゃんが一番凄かったのは杏子との共闘であり、手を恋人繋ぎでやってくれたことですよ。

しかもその後杏子が「これ夢なんだろ?」って言ったら「そんな夢も悪くないんじゃない?」って・・・さやかちゃぁぁぁん(ブワッ

直後にお互いのコンビネーション攻撃とかもうね。目頭が熱くなる。

あぁ、あの瞬間をどれだけ待ちわびたことか。

確かに序盤、ほむほむの能力で記憶改ざんされたみんながナイトメア(魔獣でも魔女でもないほむほむが作り出した他の敵)と闘うシーンでも二人は共闘してましたよ。

でも杏子もあの世界の事実をしって尚さやかと共闘するってことがどれだけ素晴らしいことなのか。

おじさんあのシーン思い出しただけで鳥肌立ちっぱなしです。

杏子は杏子で一番ほむほむにとって違和感のある記憶改ざんの影響で人物改変をされていたせいで、「自分のしていること」を気付かせるキーパーソンとして描かれていたのも良かったですね。

あれは観ていた側も前回までの杏子の境遇とちがいすぎる!って思いますよ。

記憶改ざんで話をすると一番度肝抜かれたのはマミさんとシャルロッテ(近作ではべべ)がめっちゃ仲良しになっていたということ。

マミさんあんた以前そいつにあたまぱっくりいかれてるんやで?という観ている側の心境なんて知らずにめっちゃ仲いいし。

ナイトメアを普通の人に戻す作業でもシャルロッテがいないと成立しないのか?っていう儀式まで。

中盤のシャルロッテをめぐるほむほむVSマミさんは凄い作画でした。

銃弾が雨あられの如く舞う、兎に角舞う。

この戦いはさやかVS杏子以上の大激戦でしたね。

QBさんは中盤まで「もきゅ」しか言わなかったので営業職から足を洗ったのかと思っていたら実は管理職兼研究職に鞍替えしていたので流石として言えません。

インキュベーターって研究職もなんでもできるし、そのうえ管理職もそつなくこなそうとしたから部下のほむほむに怒られて、最終的にほむほむの部下にポジションチェンジさせられちゃいましたねw

ではでは、書きたいことをだらだらと書いていてもしょうがないのでもし次作があるならば気になるなと思った点をまとめて終わりにしましょう。

次作あるならどうなるんだろう?と思ったこと

・力を完全に失っていないまどかをほむほむは制御できないとわかっているので、いずれ戦う運命になるであろう2人の行き着く先

・インキュベーターは今まで感情を否定していたはずがクライマックスで瞳がうるんでいた。感情をほむほむに痛めつけられたことで自覚したのか?

・ほむほむは最後身投げ?したのか

・魔獣はどうやらいるらしいけど、今回序盤のような茶番劇を演じるためのナイトメア的な扱いに納まるのか?

といった具合でしょうか。

序盤の茶番劇ってのは魔法少女戦隊のような変身シーンがあるので必見です。

ほむほむが悪魔となり世界改ざんを行ったようなんですが、力の全てをもったわけではなく一部を掌握したという発言とまどかが覚醒しかかったので戦う運命は避けられそうにないのかな、と思ったり。

QBも穴だらけにされようが、殺されようが平然としていたくせに最後の最後でズタボロのぼろ雑巾みたいな格好で出てくるんですが瞳が今までと違って潤んでるような表現だったのが気になります。

実は痛めつけられ過ぎてドMに目覚めました。なんて展開はこの物語的に絶対ないでしょうし←

あぁ・・・続きがあるなら観たいしさ。

なんだか1回では物足りない感じがしますねw

兎に角超満足しました。楽しかった!サービスシーンもあったしね!

では今回はこれでノシ

« MH4~野良プレイで思うこと~ | トップページ | MH4~へっぽこハンター闘技大会全Sへの道~ »

映画 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651826/53739003

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 「まどかマギカ 叛逆の物語」 ネタばれ含む感想 :

« MH4~野良プレイで思うこと~ | トップページ | MH4~へっぽこハンター闘技大会全Sへの道~ »