ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

劇場版 「まどかマギカ 叛逆の物語」 ネタばれ含む感想 

昨日観て色々と思うところもあったので感想を書いていこうと思います。

ネタばれのある感想となってしまうので写真下から始めます。

ネタばれNGな方はバックしてください。007008さっそく物語のあらすじを簡単に書くと

「ほむほむが世界を支配しました、“愛”故に」

ということになります。

全ての存在を超越し円環の理としての一現象となったアルティメットまどか、未だ驚異の超能力をもったインキュベーターらさえも凌駕する力を持ち悪魔として覚醒したほむほむ。

びっくりなんてもんじゃないですよ。

ワケガワカラナイヨ

って心の中で呟きましたわ。

いやいや、ほむほむがついに自分の為に世界を乗っ取ってしまった。

その割には、終盤ほむほむの顔がかなりやつれていましたね。

ほむほむこれからまどか達と闘う覚悟のようです。

ってやっぱこの映画で終わらせる気ないでしょwww

前回の映画のパンフレットに「次の映画で終わらせる気ない」と書いてあったので期待していましたが、これ続かせようと思えば「いけるじゃん!」という終わり方。

魔女の幼体?(孵化できない状況下でコントロール)・まどか殊円環の理をおびき寄せるための餌・インキュベーターの支配下(実験体)に置かれていたという驚きの連続でもありましたけど、何より凄いのはほむほむの魔女としての能力でしょうか。

記憶改ざん凄過ぎますね。この力でほむらを助けに来たアルティメットまどかの記憶すら書き変えてほむほむが望んだまどかに仕上げてしまったわけですし。

悪魔となってからは世界すら書き変えて、一人ひとりの記憶を改ざんして・・・

ほむほむ悪魔ですわぁ。

ただ悪魔として覚醒したほむほむもたまりませんが、一番活躍したのっておそらくさやかちゃんなんだと思います。

多くの人の株が爆上げになったのではなかろうか?と思ってツイッタ―とかで「さやか」で検索するだけでかなりの人が見直しているようです。

もちろん私もその一人!

それにさやかちゃん達元魔女勢は円環の理の一部となってるとか驚きました。

自信曰く“カバン持ち”らしいですけどw

中盤からどんどんあれ?このさやかちゃんなんか凄い・・・って思ってたら魔女化した!?しかも、強いw

魔女かしたさやかちゃんと分離して攻撃してたのもカッコ良かった。

でもこの映画でさやかちゃんが一番凄かったのは杏子との共闘であり、手を恋人繋ぎでやってくれたことですよ。

しかもその後杏子が「これ夢なんだろ?」って言ったら「そんな夢も悪くないんじゃない?」って・・・さやかちゃぁぁぁん(ブワッ

直後にお互いのコンビネーション攻撃とかもうね。目頭が熱くなる。

あぁ、あの瞬間をどれだけ待ちわびたことか。

確かに序盤、ほむほむの能力で記憶改ざんされたみんながナイトメア(魔獣でも魔女でもないほむほむが作り出した他の敵)と闘うシーンでも二人は共闘してましたよ。

でも杏子もあの世界の事実をしって尚さやかと共闘するってことがどれだけ素晴らしいことなのか。

おじさんあのシーン思い出しただけで鳥肌立ちっぱなしです。

杏子は杏子で一番ほむほむにとって違和感のある記憶改ざんの影響で人物改変をされていたせいで、「自分のしていること」を気付かせるキーパーソンとして描かれていたのも良かったですね。

あれは観ていた側も前回までの杏子の境遇とちがいすぎる!って思いますよ。

記憶改ざんで話をすると一番度肝抜かれたのはマミさんとシャルロッテ(近作ではべべ)がめっちゃ仲良しになっていたということ。

マミさんあんた以前そいつにあたまぱっくりいかれてるんやで?という観ている側の心境なんて知らずにめっちゃ仲いいし。

ナイトメアを普通の人に戻す作業でもシャルロッテがいないと成立しないのか?っていう儀式まで。

中盤のシャルロッテをめぐるほむほむVSマミさんは凄い作画でした。

銃弾が雨あられの如く舞う、兎に角舞う。

この戦いはさやかVS杏子以上の大激戦でしたね。

QBさんは中盤まで「もきゅ」しか言わなかったので営業職から足を洗ったのかと思っていたら実は管理職兼研究職に鞍替えしていたので流石として言えません。

インキュベーターって研究職もなんでもできるし、そのうえ管理職もそつなくこなそうとしたから部下のほむほむに怒られて、最終的にほむほむの部下にポジションチェンジさせられちゃいましたねw

ではでは、書きたいことをだらだらと書いていてもしょうがないのでもし次作があるならば気になるなと思った点をまとめて終わりにしましょう。

次作あるならどうなるんだろう?と思ったこと

・力を完全に失っていないまどかをほむほむは制御できないとわかっているので、いずれ戦う運命になるであろう2人の行き着く先

・インキュベーターは今まで感情を否定していたはずがクライマックスで瞳がうるんでいた。感情をほむほむに痛めつけられたことで自覚したのか?

・ほむほむは最後身投げ?したのか

・魔獣はどうやらいるらしいけど、今回序盤のような茶番劇を演じるためのナイトメア的な扱いに納まるのか?

といった具合でしょうか。

序盤の茶番劇ってのは魔法少女戦隊のような変身シーンがあるので必見です。

ほむほむが悪魔となり世界改ざんを行ったようなんですが、力の全てをもったわけではなく一部を掌握したという発言とまどかが覚醒しかかったので戦う運命は避けられそうにないのかな、と思ったり。

QBも穴だらけにされようが、殺されようが平然としていたくせに最後の最後でズタボロのぼろ雑巾みたいな格好で出てくるんですが瞳が今までと違って潤んでるような表現だったのが気になります。

実は痛めつけられ過ぎてドMに目覚めました。なんて展開はこの物語的に絶対ないでしょうし←

あぁ・・・続きがあるなら観たいしさ。

なんだか1回では物足りない感じがしますねw

兎に角超満足しました。楽しかった!サービスシーンもあったしね!

では今回はこれでノシ

2013年10月21日 (月)

MH4~野良プレイで思うこと~

モンハンまだまだ飽きません。

ポケモンは今度新作でたら買うことにしますw

まだメガ進化できるポケモンが少ない気がするのと、カメックスにメガ進化2種類つけてくれないと買う気が起きないですね。

結局リザードン優遇が許せないというくだらないところにこだわってるだけです。

さてさて、話題はモンハンに戻しまして野良プレイについて話をしましょう。

要は、知らない人とオンラインプレイをするときにこんな事されるといやだなぁ~、実際されて嫌だったなぁ~と思うことをまとめておこうと思いますよ。

野良プレイでされて嫌なこと

1・折角クエストに出かけたのに1乙or2乙しただけで集会所を抜ける

2・何がしたいのかわからないが、討伐後剥ぎ取りをさせない

3・味方プレイヤーの行動なんてお構いなし。オナニープレイの連続

4・支給品を根こそぎ持っていく

5・寄生プレイ

簡単にあげるとこんな感じです。

1は結構頻繁にあるのですが野良プレイで個人的に気をつけていきたいことを後述するのでそこを見ていただければ。

2は完全に煽って楽しんでるド変態ですね。正直1度しか出会ったことはありませんが胸糞悪かったです。

3も気をつけていきたいところで後述します。

4これは応急薬や携帯食糧を独占しだすアホな人が偶にいますがこの手の輩は大体3のパターンも絡んでくるので後述。

5これは前々から言ってますが、クエストを自分でやらないならこのゲームをやる意味が無いし一緒の部屋で遊びたくもないので勘弁してほしいです。

次に「野良プレイで気をつけていきたいこと」

1・切り上げや叩きつけ等々他プレイヤーに迷惑をかけない攻撃の選択

2・乗り攻撃は決まると大きなチャンスが生まれるので、仲間が乗っている時は閃光玉やひるませてしまわないよう攻撃は避ける

3・チャットはあんまり気にしない

以上3点を気をつけながら野良プレイはしています。

1・2は先述した「野良プレイでされたら嫌なこと3」に該当します。

1の場合は味方の攻撃を妨げるだけではなく、吹っ飛ばされた挙句モンスターに連続で狙われ死んでしまう場合もあるのでできるだけ考えて攻撃はしたいところです。

私は大剣が大好きなので「切り上げ」攻撃は特にやらないようにしてます。

切り上げしないと攻撃中に方向あんまり変えられねーし、しょうがねー!!!

なんて開き直って攻撃しても味方の攻撃を妨げるだけですし、狩り終わる時間も長引くだけなのでやらないです。

周りに味方がいない時なんかは使っても全く問題ないですけど、あれでうちあげられた後の時間は結構長いので使わなくていいんじゃないのかなと思ったり。

大剣は縦横縦横の往復で十分だと思ってますし、溜めを当てなきゃ始まりませんしね。

他の武器?しらねぇ―な。

3は怒り状態のトンでも攻撃力のモンスターに狙われている最中にチャットなんかしてられないので、相手から何も返信が無くてもいいと思っています。

チキンなのでそんな余裕が無いだけってが本当のところです。

それに、「お疲れ様」ぐらいうてばいいことだと思うので斬りあげたりしても「ごめんなさい」なんて言わなくていいような気がするんですよね。

クエストは結局クリアするためにやっているので、そんなチャット打つなら攻撃したり避けたりチャンスメイクの為に頑張っていきたいじゃないですか。

されたら嫌なこと1はまさにこれで、クエスト失敗してないのに勝手に諦めて離脱しちゃうってのはもったいないと思うんですよ。

もしかしたらクリアできるかもしれないのに・・・

それと3人でいって途中離脱されるとオトモがいない2人プレイになるのでこれが一番頭にきますね。

まだ失敗してないんだからちゃんとクリアするか失敗するかまでやってくれよって切実ですよ。

気をつけていきたいこと番外編

完全に感覚の問題としか言いようがないですが、高レベル(76以上)のギルドクエストは生半可な防御だとすぐに死んでしまうのでなるべくネコのど根性を発動させていくか、450以上の防具で挑みたいと言ったところでしょうか。

防御も500と600では普段のクエストではかなり変わってきますが、90以上のギルクエだと怒り状態の攻撃を喰らうとほとんど回復役グレート2個分のダメ―ジとか一撃必殺になってくるのでそんなに変わらないんというのが個人的に思うところです。

ただど根性つければいい話なんですが、必ず発動できるわけでもないですし・・・

だから防御450以上ないと個人的にはレベル90以上のモンスターと闘いたくないんです。

こんなの個人的に気をつけてることなので「君防御低いよ」とか言わないですけどねw

そんなこといったら自称上級プレイヤー様ってツイッタ―とかで晒されちゃいますもん。

そんなのごめんですから、画面の外で「防御心もとないなぁ」と勝手に思ってます。

最後のまとめですが

「クエストは成功or失敗をして集会所に帰るまでがクエストですよ!」

ってなんだか遠足のお約束みたいな事をいって終わりにしようと思います。

これからは片手剣と虫を頑張って使いこなせるようになりたいですね。

ではノシ

2013年10月10日 (木)

別冊少年マガジン11月号~ショタッ娘魔女(男の娘)降臨~

なんだか無性に別マガの作品について書きたくなったので書いていこうと思います。

今号からじょしらくが消え去った別マガが始動したわけですが、個人的には平常運転といった感じの内容でした。

ではでは気になった作品を抜粋して書いていこうと思います。

ネタばれ有りなので、嫌な人はバックお願いします。

「聖戦ケルベロス」

なんで終わりにしちゃったんだろ?と思うぐらい最近のメディアミックス作品の中では出来の良かった印象です。

やっぱり期間を決めて連載していたんでしょうか?

主人公のアレンと王様のカリストはキャラがたっていて好きでしたし、設定も嫌いじゃなかったし・・・何より作画めっちゃ好きでした。

最終回のあのうち切り感ときたら酷過ぎて・・・しかもカリストの側近2人一気にあっけなく殺されて・・・

虚しさ100倍ですね。

そこまで側近はキャラがたってはいませんでしたが、最終回前半あんなに出張っていたのに。

殺すから出ばらせたのか分かりませんが、だったら名無しの側近でもよかったのでは。

もっと長く読みたかったです。

「進撃の巨人」

やっと座標の意味がわかってきましたね。

言わば「王の力」といったところでしょうか。

この座標を持っているものが人としての自我の無い巨人を操ることができる?って感じでしょうか。

ユミル・ベルベルト・ライナーの三人も何か感じていたようですが、他の巨人のようにエレンの思考に操られてはいない様なので。

何にせよ、エレンめっちゃ成長しとるやないか!

大人の男の背中やで!!!

それに諌山先生の描くミカサめっちゃ可愛くなっとる!!!

これは萌豚の私としては叫ばずには居られません!ぶひぃぃぃ!!!!!

それよりも今号はハンネスさんの逞しさというか、臆病だったおっさんが巨人に立ち向かえるだけの成長を見せてくれた回でもあったと思います。

エレンの母を守れなかったハンネスさんの後悔が、今度は守れなかった人の子を守るためにその身を犠牲にしてエレン復活の時間稼ぎをするなんて・・・

ハンネスさんあっけなくやられましたが、ちゃんと二人を守りましたね。

それと、今回ユミルが最後にとった行動についても疑問が残ります。

クリスタことヒストリアを連れていかずにベルベルさん達についていったようですが、「壁の中にも希望がある」というセリフからするにこの世界の仕組みに対する情報量は

ユミル>>>>>>ライナー&ベルベルト

ってことになるみたいですね。

それだけ、エレンの力はこの世界をひっくり返すということみたいで。

でもあのままついていってユミル殺されないんでしょうか?

ライナー曰く「エレンに一番持たせてはいけない能力」ということなので、エレンの望みと言えば「巨人を駆逐すること」みたいですが・・・

果たして巨人をこの世界から駆逐してはいけない理由がこの世界にあるのか?というところが大きな謎になりました。

この世界で人が生きていくには巨人が必要不可欠ということでしょうか?

人工的に巨人になった人々VS野良巨人共という展開が案外壁の外では行われていたり???

まだまだわかりませんがやっぱ面白いですね~、進撃の巨人!

「D.D.D」

う~ん・・・なんかしっくりきません!

2年間修業してたらしいですが、なんで相棒であるトリックスターが人間なんてどうでもいい!という考えなのを主人公が知らなかったのか。

2年たってから「こいつは人を殺す可能性もある!注意しなきゃ!それに人の言うこと聞く気が無いみたい!」なんて独り言言われても・・・

あんたたち2年間同じ体で生きてるんですよね???

という疑問しか湧きません。

そんなに戦闘訓練だけして、人との交流をさけてたってことなんでしょうか?

今のところこの二人に戦闘技術を仕込んだ人物の描写もありませんし、期待できないわけで・・・

主人公とトリックスターの過ごした時間経過が2年のはずが、読者とあんまり変わってないどころか3,4日しか一緒にいない様に見えるこの二人。

確かに強くはなっているようですが、凸凹コンビとしては見れません。

違和感しかないです。

「魔乙女たちのエデン」

魔女ものは今別マガはいくつか抱えていますが、ついに来たショタ娘魔女(男の娘)漫画!

時代のこのビッグウェーブにのるしかない!(いやむしろ遅い!!!

第一話はまさに絶望という絶望の中で幕を閉じましたが、これからどうなるんでしょうね?

魔女という概念も“やつら”に取りつかれた人々ということで、魔乙女は“やつら”を倒すべくその力を行使して戦う者たちということみたいですね。

そもそも“やつら”って悪魔のようなものなんでしょうか?

今回出てきたのは獣と書いてテリオンと呼んでいましたが・・・

主人公の魔女ショタッ娘ルカ君をむしばんでいるのはなんだかとんでもないやつらしいですが・・・

三眼の悪魔で炎っぽい格好をしていたのでシヴァあたりをイメージしてるんでしょうか?

シヴァだったらかなり強そうですね♪

「放課後ソードクラブ」

真刀はまだか!!!←

いやいや、それどころじゃないよ!

剣正が熱い!

そして八木のゴリラが暑苦しいwww

そしてそして、ついに現れた剣道部顧問!!!

なんじゃお主!女子かぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!!!

どこぞのモモカンかぁ!?(おっぱいは月とすっぽん

しっかも!ついに現れた高校生日本一の男と全国2位の八木よりも顧問に注目されている風薙戸高校のリーサル・ウェポンという事実発覚の斗野先輩!

ひえぇぇぇ!!!今後の展開が楽しみですわぁ!!!

で、真刀はまだか!!←←←

と今回はこんなところで

ではノシ

2013年10月 9日 (水)

MH4~ギルクエも面白い~

さてさて、改造クエが出回ってしまっているギルドクエスト。

これについて色々思うところがあるので書いておこうと思います。

まずギルドクエストって楽しいか?と言えば答えはYES

今まで雑魚扱いされてきたドスランボスやイヤンクックといった面々がクリアすればするほど強くなる。

とんでもない攻撃力を秘めたモンスターとして君臨する様は新鮮です。

ただ、レベル76以降クリアごとのレベル上昇が1ずつになるので結構だるいと言えばだるいですし、作業ゲーと化してしまいかねないというのはあります。

でも、今回はオンラインで不特定多数の狩人達と繋がることができるので、面子が変われば狩りも変わります。

それで新鮮さを演出できるんじゃないかなぁ?なんて思ったり・・・

また元々強い古龍のシャガルマガラやキリンといった面々やティガレックスやジンオウガなどのレベル90以上ともなると一撃死がよくありますね。

特に個人的に脅威なのがシャガルマガラの爆発ウィルスブレスとティガ亜種の咆哮攻撃。これは防御560ぐらいの装備で一撃死したことがあるので笑えなかったです(見きりやすい攻撃ではありますが、操作ミスや判断ミスでしんじゃいますねw

ギルドクエストは狩りの要素もさることながら、クリアする目的としては強い発掘装備やお守りを手に入れることがメインといっても差し支えないと個人的には思いますが。

武器の性能なんてレア度5でほぼG級装備といっても差し支えないのでは?と思える火力だったりしますし。

防具はまだそこまでいいものとは出会っていませんが、きっと段違いの性能のものがあるんだろうとは想像しています。

でも、これを手に入れるためには途方もないマラソン作業を強いられる場合もあるでしょう。

モンハンには物欲センサーという笑い話にはとても納まらない現象のようなものもありますし・・・

それで狩ることが難しいモンスターの討伐をやめて、簡単にクリアできる改造に手を出してしまう人も中にはいるのかな~なんて思ったりもします。

そんなブログ主はというと、イヤンクックとシャガルマガルのギルクエで2度おいしい思いをしたことがあるのであとは適当にギルクエを楽しめればいいかな?といった具合ですね。

ギルクエはどんどんレベルを上げていきたくはなりますが、少しずつやれば楽しめるものなので気長に遊んでいきたいと思う今日この頃。

それでは、ノシ

2013年10月 8日 (火)

MH4~改造ギルクエが蔓延する世界の中心でイヤンクックと叫んだ狩人~

※この記事はギルドクエストの改造クエを推奨するものではありません!勘違いスンナよ!やるなら自己責任でやってください!それとオンラインにこんなクソクエもってくるんじゃねーよカス!!!オフラインでやってろ!!!ということが言いたくて書きました。それでは下より当ブログをお楽しみください。

どうも、どうもどうも。

ハンターランクがやっとこさ100を超えた主です。022友達とやる時以外はオンラインで野良の人たちと一緒に遊んでいますが、ついに発掘武器がほしくてギルドクエストにチャレンジし始めました・・・

ですが、驚くことに「改造クエスト」の増殖が凄いことになっています。

集会所検索

「達人/ミラボレアス」「達人/シャガルマガラ」でやってみてください。

ミラボレアスは真っ黒な改造クエだけが引っ掛かり、シャガルマガラも一見普通そうなクエが貼られていますがこんなレベル100クエにはご用心!028この大剣・太刀で防具がドスシリーズ(頭)のレベル100改造シャガルクエが兎に角大量に出回っています

なんで改造なんてわかるんだよ!?なんていわれても・・・これをご覧ください。023はいー・・・最初のプレイヤーだけの場所になんでいるんですかね?

一目瞭然だわぁ・・・ドン引きですよ。

しかも一応エリア移動できるんですが、それがこちら。025
移動した先が正規の出発地点なわけです。

で改造クエは、この出発地点と同じマップを用意してシャガルを吠えるだけの置物として配置しているわけです。

反撃なんてしてこないので殴りたい放題です。

一人でもお手軽にできます・・・馬鹿か!!!楽しくないわ!!!

しかも、行き来できるのはこの2つの場所だけなんです。

でもこれクリアしたらどうなるのか?なんて思ったのでクリアしてみました。

それがこちら・・・031おい・・・討伐報酬でてるじゃねーか・・・

こりゃやる輩が増えるわけですよ。

苦労せずに色々と増やせるわけですからね。

しかもハンターポイントも貰えるので、ランク稼ぎもできるとか・・・

もうHRなんて意味ないです本当に。

あと堂々と赤ミラ通称ミラバルカンの武器を使っている方々もいらっしゃいますが、あれ今のところ改造オンリーでしか手に入れられないようなので俺ツエーしたいだけなら身内かオフラインでどうぞって感じです。

こっちのミラバルカンも知らないでやってしまったのですが、攻撃力と体力が滅茶苦茶低くて3人で5分かからないというありえ無さ。

ダメージを受けた途端、「これが噂の改造クエ!?」とわかりました。

そっちもクリアすると討伐報酬がないっていう異常さがひしひしと伝わってくるんですよ。

それなのにハンターポイント2700も稼げるんです。

そりゃHR100なんてすぐ超えますわ。

2700を5分未満で稼げるクエなんてねーよwww

HR100前後はミラバルカン改造クエをやりまくってる輩がうじゃうじゃいますね。

僕はセーブなんてしませんでしたが、これのどこが楽しいのか。

しかも、改造クエをやってる人に限って

「HRがどうのこうの」「装備が弱い」だの他人にいちゃもんつけてるんですよ。

それと装備も発掘じゃなくてゴールドルナ一式やアカム一式を使っている人も多いです。

これは当たってしまった改造クエやってる勢がたまたまそうだったのかもしれませんが。

なんにせよ、改造クエばっかやってる人は公式に運営が何とかできないものなんでしょうか。

マナーの悪い野良プレイヤーも凄く多いですが、こっちも何とかしてもらわないと野良でギルクエなんてできませんよ。

僕は静かにイヤンクックレベル100で遊んでいようと思います。

ではノシ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »