ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« 私的ソーシャルゲーム事情 | トップページ | 今年俺的色々NO1 »

2012年12月18日 (火)

ONE PIECE FILM Z ~ネタばれ感想~

ということで昨日観てきたONE PIECE FILM Zを観てきましたので、ネタばれ有りの感想を書こうと思います。

個人的にワンピース自体は単行本を満喫で読むぐらいという程度でちゃんと物語の考察なんかもしていないので、ただ感想の垂れ流しって感じにしようと思います。

写真下から始めますので、ネタばれNGの方はバックお願いします027016ということで、さっそくネタばれを。

ワンピースと言えば、敵が出てきてその敵を麦藁の一味がぼこすというのが印象として強いんですが(毎回そうじゃないですけど)この映画はFILM Z とある用に、元海軍大将ゼファーことNEO海軍総帥Zの物語であります。

ですので、この映画の本当の主人公はZであると思います。

またこの映画は大人向けです。

しかも麦わら一味よりもZという男のけじめをつける物語なのでかなり「臭い」ですね。

私はそのおかげでかなり楽しめました。

ではでは、話を私なりにまとめると・・・

ストーリー

元海軍大将ゼファーは嫁子供を海賊に殺された過去を持ち、現在有名な将校を育て上げた海軍の中ではセンゴク・ガープと並ぶ古株である。

しかし、演習中に彼の訓練兵と右腕をかつて海賊にやられた過去も持つこととなった。

後に彼の腕と訓練兵を殺した海賊が王下七武海として選ばれ、そのことに憤怒した彼は信じていた海軍の正義は正義にあらずと海軍を去る。

海軍を辞めた彼は、自らの正義を執行するために元の名を捨てZと名乗り「ネオ海軍」を結成。

新世界の海賊を一般人もふくめ皆殺しにするために活動を開始する・・・

新世界を破壊する手段としてエンドポイントと呼ばれる3箇所の火山を破壊するために、「ダイナ岩」という岩を強奪にかかるネオ海軍。

この岩は少しの振動と酸素に触れさせることで大爆発を起すというとても危険なもので海軍がすべてを管理していたからだ.。

それを止めるため、かつての恩師と対峙する黄猿。

二人の対決は熾烈を極め、ダイナ岩をしようしたZの攻撃により収束・・・

ダイナ岩はすべてネオ海軍に略奪され、保管していた島は吹っ飛んでしまう。

Zは大爆発に巻き込まれたが生きており、海を漂流しているところを麦わらの一味に救われる。

救われたZは、自分を救ったのが“海賊”麦わらの一味であることを知り襲い掛かる。

一人でルフィ・ゾロ・サンジを相手に優位に戦いを進めるZのもとへネオ海軍も駆けつけ、サニー号を半壊にしてみせたものの逃げられてしまう。


ネオ海軍はすぐにエンドポイント2つ目の火山へ向かう。

海軍ともその動向を掴み、島へと集結をしていた。

麦わらの一味もサニー号の修理中・Zの情報収集をするため同じ島へ立ち寄っていたが、

青雉ことクザンと温泉で再会することに。

クザンは左足を失い右半身を大きな傷が覆おという痛々しい姿になっているた。

あくまでクザンは麦わらの一味と戦うために現れたわけでもなく、海軍もやめたからただの正義の味方?と名乗る。

ルフィにZの居場所を伝えたのち、クザンは姿を消す。

その直後海軍に追われたいたウソップたちをルフィが覇王色の覇気を使い助け、Zを海軍もおっており今まさに戦闘が開始されるであろうことを聞き出す。

Zを攻撃する海軍ではあったが、まったく歯が立たず海軍が全滅したところに麦わらの一味が登場。

Zとルフィの一騎打ちとはなったが歯が立たず、打ちのめされるルフィ。

Zはルフィの麦藁帽子を拉致し、島を去る。

ウソップ・ゾロ・サンジは気絶したルフィを担いで、火山島から非難しようとするもマグマが噴火。

ウソップたちの危機を間一髪、クザンが救う。

エンドポイント最後の火山を破壊するためネオ海軍は作戦を続行、麦わらの一味はそれを阻止するためネオ海軍の元へ向かうことに。

ついに最終決戦開始。

ネオ海軍を蹴散らす麦わらの一味ではあったが、サンジ・ゾロ・ルフィは先行し、その他の面子は雑魚の相手をする。

サンジ・ゾロはそれぞれネオ海軍幹部を撃破、ルフィと対峙する。

雑魚をあらかた倒してところへ、海軍の「白くまPX-1」5体がナミ・ロビン・ブルック・チョッパー・ウソップを襲う。

逃げ回る5人の下へフランキーが合流し、フランキー一人で白くまを全滅させる。

ルフィとZの戦いは熾烈を極め、最終的に武装色の覇気をまとった黒腕での殴り合いに。

ついにZはスタミナが切れ、ルフィに負けを認める。

「オレは負けた。海賊なら俺の命を奪っていけ」というZに「オレはやりたいようにやる。だからお前の命は奪わない」とルフィ。

直後、黄猿率いる海軍が到着し一網打尽にしようとするも、Zは「オレもやりたいようにやる、お前らはいけ」と麦わらの一味を逃がし海軍と戦おうとする。

クザンはZに最後の戦いの場を提供するために氷の壁をつくり、ZVS海軍が繰り広げられる。

Z死亡

END

いろんな部分をはしょって書いたり、映画で明らかとなる物語の真相の順番を変えて書きましたがZ目線だとこんな感じだったかな?という具合に書きなぐってみました。

先ほど入場特典の千巻をよみましたが、これにすべ書いてありますね。

クザンが結構むごいことになっていたのは驚きました。

まぁ赤犬と戦ったわけですし、ただで済むはずがないと言うことでしょう。

相手の赤犬は胸より下しか出てこなかったので、顔がひどいことになったのかもしれませんし、まだまだなにがどうなっているのかわかりません。

映画の最後のシーンでZことゼファーが幼少期にヒーローZと名乗っていたので、それが正義の象徴としての自分だったのでしょう。

なんとも感慨深いないようです。

Zというキャラは幼少期の理想をずっと抱きつつ、大人になり理想は理想でしかないという挫折を味わっています。

実際の人生経験でそういった挫折を多くの方がしていると思うので、それを共感できればより楽しめるんじゃないのかな?と思います。

理想は理想で、やってみたら現実は違うことなんて多すぎますからね。

それとこの映画のエンドロール中にいろいろなキャラの幼少期がでてくるんですが、ド・フラミンゴが印象に残りましたwww

あいつ昔からなんもかわってねぇじゃんwww

幼少期はみていて楽しいので、明かりがつくまで席を立たないことをお勧めしたいです。

では・・・

ノシ

« 私的ソーシャルゲーム事情 | トップページ | 今年俺的色々NO1 »

映画 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651826/48369183

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE FILM Z ~ネタばれ感想~:

« 私的ソーシャルゲーム事情 | トップページ | 今年俺的色々NO1 »