ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

今年俺的色々NO1

最近ノロウイルスにうまれてはじめてやられた主です。

ノロは本当にですね・・・便器と結婚する1歩手前まで行きました←

みなさん、外から帰ってきたら必ず手洗いはしましょう・・・それとゲロには近づかないように・・・

さてさて、もうそろそろ今年も終わりですね。

私としては今年は最も楽をした一年でしたが皆さまは如何お過ごしでしょうか?

今年一年楽をしたおかげか、色々と楽しむこともできたので「俺的NO1」と称して記事でも書こうかな?と思い立った次第です。

ではジャンルとして「映画」「アニメ」「漫画」「原画集」「ゲーム」「ホビー」なんてとこでわけて書いみようかな?

もちろんこれは今年リリースされたもの限定で話をしようかな?と。

・・・じゃあやりますか

「映画」・・・俺的2012NO1は「新・劇場版エヴァンゲリオンQ」でげす!!!!!

これは言わずもがな、情報量の多さに戸惑い、ストーリーに魅せられ、何よりカヲル君とアスカとマリのおっぱいぱいにやられたからですね←

来年公開されるのか(再来年かな?)最後の映画が今から楽しみでなりません。

話はちょっとずれますが、友達と3回目を観終わった後・・・

俺「マリのおっぱいって超でかいね!射撃の時でか過ぎてたれまくってたし、走ってるとき揺れまくってたね(*´д`*)ハァハァ」

友「俺は1回目から気付いてたぜ( ̄ー ̄)ニヤリ」

俺「まじ!!!???俺一回目そんな余裕なかった!!!流石やん!!!」

という会話をしたのも忘れられません←

ともかく、何回も観ているとCGの荒さが目立ってはしまいましたが、エヴァがめっちゃ動いたり戦闘が激しかったりと個人的にはGJな感じなのでNO1ということにしちゃおうかな?

「アニメ」・・・俺的2012NO1は「イクシオンサーガDT」でござ早漏!!!

こいつは今年一番笑わされました・・・ほんとOPからEDまで卑怯ですよwww

色々強豪ひしめく中で私の心をがしっと掴んでくれました。

これだけは放送日時をちゃんと把握して見ていたので、こんなことしたのはこのアニメだけですね。

それ以外は録画しとけばいいか・・・ぐらいにしか思っていませんでしたが。

最初は毎月買っている別冊少年マガジンで始まることを知っていて見始めましたが・・・

「なんぞこれ!!!!!!!???????」

ってなりましたよwww

「ジョジョ」や「ヨルムンガンド」や「武装神姫」・・・忘れちゃいけない「ゆるゆり」に「犬日々」なんかもありましたが今年は特に秋から始まったアニメが楽しかったなぁ。

「シンフォギア」はもしも2期があったら嬉しいですが、figmaでまだクリスちゃんこないし・・・わけわからん・・・

ともかく「DT」のこれからの展開が楽しみですね♪

「漫画」・・・俺的2012NO1は「ハイスコアガール」に決まってるだろぉがぁぁぁ!!!

今年は漫画に関して言えば「押切蓮介」先生フィーバーでしたよ。

ファニッフ!ファニッフ!!!

ハイスコアガールではじまり、ハイスコアガールで締めるって感じですね。

ファニッフ!ファニッフ!!!

この漫画が凄い!ランキングでオトコ編2位に輝いちゃったり・・・すげぇ・・・

ファニッフ!ファニッフ!!!

去年は「進撃」がへんに持ち上げられてボコボコに叩かれて個人的に勝手に凹んでいたんですが、今年はどこぞの蓮〇の名言の如く2位におさまり集中砲火を浴びることもなさそう?なのでちょっと一安心。

ファニッフ!ファニッフ!!!

それどころか押切先生の作品がこんなにも評価されて勝手に浮かれてました←

ファニッフ!ファニッフ!!!

思えば、「ピコピコ少年」に出会ったことで押切先生のことをしり、押切作品にハマってしまったんです・・・

ファニッフ!ファニッフ!!!

ハイスコアガールは「ピコピコ」シリーズを読むことでさらに面白さが増すので、ピコピコからのハイスコアで流れていってほしいものです!!!

ファニッフ!ファニッフ!!!

ハイスコアガールは懐かしいゲームを題材にしてはいますが、ちゃんとした恋愛ものなので「大野昌」ちゃんがめっさ可愛いですね!!!

ファニッフ!ファニッフ!!!

それと母ちゃんがなんか凄いので注目です!!!

ファニッフ!ファニッフ!!!

来年も押切先生の作品を読みまくるぞー!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ソニックブゥゥゥム!!!

「原画集」・・・俺的2012原画集NO1は「TO LOVEる ダークネス原画集」です!!!

・・・これはもう言わなくてもわかるよね?

矢吹神の謙虚さと芸術と言う名のエロが詰まった一冊ですよ?

・・・エロ紳士の諸君は既に1冊は手元にありますよね?

何!?まだもってないだって???・・・それは由々しき事態です!!!

早くあなたの中のエロサンタさんにお願いをして買ってきてもらってください!!!

内なる野性を解放するんだ!!!

こんなに素晴らしいエロが詰まって、3000円とかこの出来で満足しないはずがないでしょ!!!!!!

ぶひぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

持っていないエロ紳士よ!!!!書店!!!またはネットで買うんだ!!!!!

これを読まずに年を越すなぁぁぁぁッぁぁぁぁ!!!!!!!

エロがもったいなぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁい⊂二二二( ^ω^)二⊃ !!!!!!

「ゲーム」・・・俺的2012NO1ゲームは「パズル&ドラゴンズ」!!!

いやぁ~ソーシャルゲームながら無課金でめっちゃ遊べるよ?これ!!!

もう俺も本は買ってるから課金プレイヤーのはしくれですが、魔法石を買う気はおきませんねぇwww

それでも遊べるから楽しいね!!!

兎に角、パズルでダンジョンを攻略して行って、攻略した後はモンスターの育成ができるってのが楽しいよね!!!

今のお気に入りはドラゴンパーティーですが、来年はどんなパーティーくんでいるんだろう?

マイペースで来年も遊んでいきたいです!!!!!

「ホビー」・・・俺的2012NO1ホビーは「MS少女」でーす!!!

これは近々「ステイメン」の撮影もしたいので記事を挙げますが、今までイラスト上だけの存在が立体化して「武装神姫」のMS版といったバンダイ製のフィギアですね!!!

ほんと可愛いし、メカメカしいところも沢山あるのでこんど記事を改めて書きます(何回言うんだ

ではでは今回はこんな感じで・・・

チャオ( ^ω^ )ノシ

2012年12月18日 (火)

ONE PIECE FILM Z ~ネタばれ感想~

ということで昨日観てきたONE PIECE FILM Zを観てきましたので、ネタばれ有りの感想を書こうと思います。

個人的にワンピース自体は単行本を満喫で読むぐらいという程度でちゃんと物語の考察なんかもしていないので、ただ感想の垂れ流しって感じにしようと思います。

写真下から始めますので、ネタばれNGの方はバックお願いします027016ということで、さっそくネタばれを。

ワンピースと言えば、敵が出てきてその敵を麦藁の一味がぼこすというのが印象として強いんですが(毎回そうじゃないですけど)この映画はFILM Z とある用に、元海軍大将ゼファーことNEO海軍総帥Zの物語であります。

ですので、この映画の本当の主人公はZであると思います。

またこの映画は大人向けです。

しかも麦わら一味よりもZという男のけじめをつける物語なのでかなり「臭い」ですね。

私はそのおかげでかなり楽しめました。

ではでは、話を私なりにまとめると・・・

ストーリー

元海軍大将ゼファーは嫁子供を海賊に殺された過去を持ち、現在有名な将校を育て上げた海軍の中ではセンゴク・ガープと並ぶ古株である。

しかし、演習中に彼の訓練兵と右腕をかつて海賊にやられた過去も持つこととなった。

後に彼の腕と訓練兵を殺した海賊が王下七武海として選ばれ、そのことに憤怒した彼は信じていた海軍の正義は正義にあらずと海軍を去る。

海軍を辞めた彼は、自らの正義を執行するために元の名を捨てZと名乗り「ネオ海軍」を結成。

新世界の海賊を一般人もふくめ皆殺しにするために活動を開始する・・・

新世界を破壊する手段としてエンドポイントと呼ばれる3箇所の火山を破壊するために、「ダイナ岩」という岩を強奪にかかるネオ海軍。

この岩は少しの振動と酸素に触れさせることで大爆発を起すというとても危険なもので海軍がすべてを管理していたからだ.。

それを止めるため、かつての恩師と対峙する黄猿。

二人の対決は熾烈を極め、ダイナ岩をしようしたZの攻撃により収束・・・

ダイナ岩はすべてネオ海軍に略奪され、保管していた島は吹っ飛んでしまう。

Zは大爆発に巻き込まれたが生きており、海を漂流しているところを麦わらの一味に救われる。

救われたZは、自分を救ったのが“海賊”麦わらの一味であることを知り襲い掛かる。

一人でルフィ・ゾロ・サンジを相手に優位に戦いを進めるZのもとへネオ海軍も駆けつけ、サニー号を半壊にしてみせたものの逃げられてしまう。


ネオ海軍はすぐにエンドポイント2つ目の火山へ向かう。

海軍ともその動向を掴み、島へと集結をしていた。

麦わらの一味もサニー号の修理中・Zの情報収集をするため同じ島へ立ち寄っていたが、

青雉ことクザンと温泉で再会することに。

クザンは左足を失い右半身を大きな傷が覆おという痛々しい姿になっているた。

あくまでクザンは麦わらの一味と戦うために現れたわけでもなく、海軍もやめたからただの正義の味方?と名乗る。

ルフィにZの居場所を伝えたのち、クザンは姿を消す。

その直後海軍に追われたいたウソップたちをルフィが覇王色の覇気を使い助け、Zを海軍もおっており今まさに戦闘が開始されるであろうことを聞き出す。

Zを攻撃する海軍ではあったが、まったく歯が立たず海軍が全滅したところに麦わらの一味が登場。

Zとルフィの一騎打ちとはなったが歯が立たず、打ちのめされるルフィ。

Zはルフィの麦藁帽子を拉致し、島を去る。

ウソップ・ゾロ・サンジは気絶したルフィを担いで、火山島から非難しようとするもマグマが噴火。

ウソップたちの危機を間一髪、クザンが救う。

エンドポイント最後の火山を破壊するためネオ海軍は作戦を続行、麦わらの一味はそれを阻止するためネオ海軍の元へ向かうことに。

ついに最終決戦開始。

ネオ海軍を蹴散らす麦わらの一味ではあったが、サンジ・ゾロ・ルフィは先行し、その他の面子は雑魚の相手をする。

サンジ・ゾロはそれぞれネオ海軍幹部を撃破、ルフィと対峙する。

雑魚をあらかた倒してところへ、海軍の「白くまPX-1」5体がナミ・ロビン・ブルック・チョッパー・ウソップを襲う。

逃げ回る5人の下へフランキーが合流し、フランキー一人で白くまを全滅させる。

ルフィとZの戦いは熾烈を極め、最終的に武装色の覇気をまとった黒腕での殴り合いに。

ついにZはスタミナが切れ、ルフィに負けを認める。

「オレは負けた。海賊なら俺の命を奪っていけ」というZに「オレはやりたいようにやる。だからお前の命は奪わない」とルフィ。

直後、黄猿率いる海軍が到着し一網打尽にしようとするも、Zは「オレもやりたいようにやる、お前らはいけ」と麦わらの一味を逃がし海軍と戦おうとする。

クザンはZに最後の戦いの場を提供するために氷の壁をつくり、ZVS海軍が繰り広げられる。

Z死亡

END

いろんな部分をはしょって書いたり、映画で明らかとなる物語の真相の順番を変えて書きましたがZ目線だとこんな感じだったかな?という具合に書きなぐってみました。

先ほど入場特典の千巻をよみましたが、これにすべ書いてありますね。

クザンが結構むごいことになっていたのは驚きました。

まぁ赤犬と戦ったわけですし、ただで済むはずがないと言うことでしょう。

相手の赤犬は胸より下しか出てこなかったので、顔がひどいことになったのかもしれませんし、まだまだなにがどうなっているのかわかりません。

映画の最後のシーンでZことゼファーが幼少期にヒーローZと名乗っていたので、それが正義の象徴としての自分だったのでしょう。

なんとも感慨深いないようです。

Zというキャラは幼少期の理想をずっと抱きつつ、大人になり理想は理想でしかないという挫折を味わっています。

実際の人生経験でそういった挫折を多くの方がしていると思うので、それを共感できればより楽しめるんじゃないのかな?と思います。

理想は理想で、やってみたら現実は違うことなんて多すぎますからね。

それとこの映画のエンドロール中にいろいろなキャラの幼少期がでてくるんですが、ド・フラミンゴが印象に残りましたwww

あいつ昔からなんもかわってねぇじゃんwww

幼少期はみていて楽しいので、明かりがつくまで席を立たないことをお勧めしたいです。

では・・・

ノシ

2012年12月17日 (月)

私的ソーシャルゲーム事情

さてさて、どうも最近パソコンを起動しない日々が続いた主です。

ブログ覗いたのも久しぶりです←

と、まぁ最近特に書きたいものも思いつかず悶々としていたんですが、よくよく思えばソーシャルゲーのその後についてあんまり書いていなかったなぁと思い追記でもしようかな?と・・・

では今回はパズドラとモバマスことシンデマスについて書こうと思います。

~パズドラ~

無課金でどこまでいけるのかなぁ~とずっと思ってやっているわけですが、やっとこさランク100の壁を超えました・・・

正直嬉しいです(ノд・。)

100突破してこれからもぼちぼちマイペースにやっていきたいと思います。

で、最近は専らドラパでダンジョンに潜ることが多くなっております。

単純に6,25倍という攻撃力は強いですね・・・

ただ新しい神のリーダースキルが属性・タイプ縛りが一切ないのでとんでもない性能になってて驚きましたがwww

バージョンアップしたそうそう、ドラパの終焉が見えてしまったことはつい最近ドラパで始動し始めた私としては悲しいです。

ちなみに私のパーティーはこんな感じです↓032
この写真を撮ったときはまだコストが少なかったので、神龍を究極進化させてなかったんですが、今ではバハム―ト以外全員が複属性持ちにすることができて結構楽しいですね。

それにバージョンアップでティラノスも究極進化出来るようになりましたし、炎単一パーティーもある程度ダンジョンに潜らせることができるようなりました。

思えば5色バラバラから炎単一でパーティーを組み始めて、やっと魔王の城の最深部でヴァンパイアロードをやっと倒した日が懐かしいです。

テクニカルにそのまま挑んだら、当時は敵の攻撃力が高過ぎて弱点属性にまさかボコボコニされるなんて・・・と苦汁をのまされた日々もありましたっけ。。。

そんな炎単一パーティーもさらにリーダースキルが進化したティラノスのおかげでテクニカルダンジョン最深部まで潜ることもできるようになり、私のパズドラライフはさらに充実しております。

勿論今現在のエースパーティーはドラパなんですけどねwww

私としては兎に角満足ですねぇ~(^ω^)

それと、最近セレスをゲットして凄くうれしくかったので究極進化させちゃいました。033

かわええぇ~のぉ(^ω^)

木パーティーもフレイヤをGETした日から組むことを考慮していましたが最近はとん挫した状態でして、これからはもっぱら火単一&ドラパで潜ることが多くなりそうです!

~シンデマス~

最近一日一回立ち上げてボタンポチポチしていればまだ良い方って感じになってしまいました(汗

あまりにも作業げーだし、最近パーティーなんかも満足しすぎて、あんまり魅力が無くなってきちゃいましたね。

それでも、まだ楽しみはあるので完全に辞めようとは思わないわけですが、今のところは1か月前のワクワクや高揚感は無くなってきたところです。

ただ最近特に好きなアイドルがいるのでご紹介・・・

一時話題になりましたが、星輝子ちゃんというキノコ&ヘビメタアイドルを御存知でしょうか?

この子がまた可愛らしいです(・∀・)!

言ってることもなんとも個性的で二―トな杏子と似ていて好きですねwww025027026ほんとすげーや・・・この突き抜けた感じたまらんwww

まぁ、ぼちぼちシンデマスは続けていこうと思います

・・・では

ノシ

2012年12月11日 (火)

ウーマンインブラック 亡霊の館 ネタばれ有り感想

さてさて、先日ウーマンインブラック 亡霊の館を観てきましたので感想を・・・

いつもどおり写真下から始めようと思います。

ネタばれNGの方はバックおら~い!!!

001004ということで、ハリ―ポッターだったダニエル・ラドクリフがついに脱ポッターしたのが今回みてきたウーマンインブラックだったわけですが・・・

個人的にはこれホラー映画なんだろうか?いや確かに効果音でビビったりしたけど・・・

だけどもだけども・・・レイトショーで150人はいるところで4人しかいない状態で観たいけど・・・

面白くない・怖くない・トラウマにもならないだろ(((((・ω・;))))ひげぇぇぇwwwwwww

というのが今回の感想でおじゃる←

映画を観る前に必ずCMがあると思いますが、そのCMでダニエル君が「トラウマになるような映画にしたい」的な事をいっていたなぁ~と思って観に行って結構がっかりして帰路につきました。

トラウマにもならないし、最後はハッピーENDのようなBADENDのような・・・う~ん・・・まぁどうでもいっか(^ω^)←

という・・・では話の流れを簡単に説明しましょう・・・

ストーリー

・主人公アーサーは家賃を滞納しており、法律事務所での成績も悪く、次の仕事が失敗すれば首だと宣告される。

・アーサーには妻がいたが、息子を出産したときに他界してしまっている。

・そのため、息子が唯一の肉親であり、家を追い出されるわけでに行かない状態にあった。

・仕事の内容は田舎町の豪邸の持ち主が他界したとのことで遺言書がないかどうか書類の整理を館に赴いてやるというもの。

・田舎町に向かう途中車内で、その町に住んでいる男性サムと出会い、田舎につくと土砂振りの雨に出迎えられたため、車で宿まで送ってもらう。

・サムと翌日夕食をする屋約束をし、宿の受付にいくも「予約は受けていない」と主人はアーサーを追い払おうとするも、奥さんが屋根裏でもいいならと屋根裏に案内する。

・翌日の朝、地元の弁護士のもとに向かうも、「故夫人の書類は私のまとめたものでぜんぶ。だからこの書類をもって帰れ」とぞんざいな扱いを受ける。

・すべての書類に目を通さなければ事務所のボスに首にされかねないので、アーサーは馬車の男を買収し館に向かう。

・館の中は暗く、偉く汚い。また書類も渡された以外にも、山のように存在した。

・そんな時、ふと窓から外を観ると黒装束の人間がたっているのを見つける。

・誰かこの館の関係者なのか?と思いアーサーは人影のあった場所に急行するも誰もおらず、そのまま町へ引き返す。

・町へ引き返し、警察官のもとへ赴き「館で人影をみた」と警官に話すと警官は驚いた顔をして部屋の奥へ行ってしまう。

・その直後「うちの妹が洗剤を飲んじゃった、助けて」と3人の子供がやってくる。

・真中の少女が洗剤を飲んでしまったようで、アーサーが警官に助けを求めるも少女は吐血し死亡。

・その後約束していたサムとの夕食へ。奥さんとも机を囲むがサム夫妻が過去に息子を亡くしていた事実を知る。

・どうも奥さんは霊魂というものを信じているようで、自分に死んだ息子の魂が宿っていると信じ切っている。

・サムはそんな奥さんは精神的な病気だと思っており、オカルトは全く信じていない。

・その翌日、サムに館に車で送ってもらおうとするのだが町の住人達が「お前のせいで少女は死んだ」「もう自分の住んでいる町へ帰れ!」と説明もせずにアーサーに抗議をする。

・アーサーとサムはそんな住人たちを振り切り館へ。アーサーは翌日迎えに来てくれればいいとサムに約束を取り付ける。

・アーサーは山のような書類を整理していたが、夜になると奇奇怪怪な出来事が続発。その異常現象に耐えかねて館の外へ出ると朝になっておりサムとサム宅へ引き返すことに。

・引き返す途中、地元弁護士宅が火災になっていた。地下室には子供が隔離されていることをアーサーは知っており、助けに行く。

・しかし、助けようとしていた子供が火災を起こした犯人であり、その背後には館でみた「黒装束の女」が立っていた。

・炎が強すぎたためアーサーは避難。子供は死亡。

・サムに館のことについて尋ねると「あの館で黒装束の女をみると町にいる子供が次々と死んでしまう」という事実を知る。

・町の住人達はその事実を知っていたので館に近づこうとせず、アーサーにも早く帰れと言っていたこと知りサムに事実を教えてくれなかったことを激怒する。

・また息子と仕事終わりの週末この呪われた町で過ごそうと約束をしていたこと・自分はそんなオカルトありえませんなスタンスなんだというサムがアーサーをさらに激怒させる。

・その翌日サムの奥さんに死んだ息子が憑依し、「あの女に死ぬように命令されると逆らえずに僕たち子供は死んでしまう」とアーサーに警告する。

・アーサーは黒装束の女が死んだ館の婦人だと思い、夫人の息子は沼にハマって死んでしまい遺体が未だに回収されていないことから、息子を返してあげればこの復讐をやめると予想。さっそくサムと遺体を回収にかかる。

・館への道中沼地に十字架が立てられている場所があり、その沼地から無事息子の遺体を回収。

・その夜、息子の遺体を黒装束の女に合わせることに成功。

・その後速やかに婦人棺の中へ息子の遺体も安置してやり、埋葬も成功。

・アーサーとサムはすべてが終わったと思い安堵し、アーサーの息子を迎えに駅へと向かう。

・ただし、黒装束の女はアーサーの推理とは全く別の女であり、館に取りついた亡霊であったことが視聴者には判明。「許さない」を連呼しアーサー息子をヤル気満々。

・アーサーとサム。駅でのんきに息子と面会。

・黒装束の女はアーサー息子に線路に飛び出て死ぬように指示。

・それに気づかぬ一同は和気あいあいと談話にしけこめる。

・列車が近づいてきた時、一同息子が線路上に居ることに気づく。

時すでに遅し、アーサーは息子を抱きしめるも息子ごと列車に惹かれ死亡。

・サムは呆然とするも、ついにその目で黒装束の女をみてしまう。

・アーサーと息子は死んだ世界で妻(母)と対面。みんな揃って死の淵へ・・・

黒装束の女ドアップ&大絶叫

END

という感じです。

もう後がない弁護士?が結局家族そろって死ぬことである意味救われたんじゃないの?って感じです。

効果音が出かくてビビりましたが、そんなに怖くはないですね。

死に方とかがそんなにむごくないってのもあると思います。

あと黒装束の女の叫び声がやたら高くてやかましい耳障りな絶叫声だったのであまり怖さも感じなかったです。

やっぱり未だに私のトラウマとして生きている水木しげる先生のゲゲゲの妖怪たちには遠く及ばなかったです。

ただこれを子持ちの親がみたら非常に悲しくなるんじゃないのかな?とは若干思いました。

・・・ではノシ

2012年12月 5日 (水)

第2次スーパーロボット大戦OG 感想

先週発売した「第2次スーパーロボット大戦OG」一週クリアしたので感想を書こうと思います。

今回OGシリーズがスパロボ初のPS3で発売されたのでどんなもんになるかなと思ったんですが、ストーリーは全63話(60話から分岐がありSPポイントってやつが関係しているらしいです)でAルートは61話。Bルートは高難易度で63話構成です。

で、私は一週目は高難易度ルートだったようで、最終面が結構時間かかりました。

ただ、クリアできないわけではないですがラスボスが初見殺しすぎて酷いとか思ったり。

ちゃんと精神コマンド「偵察」でボスを調べることから始める人なら問題ありませんが、当たって砕けろ戦法を最終面でやるとおそらくユニット撃墜の嵐になりますね。

ちなみに、私は調子こいて射程内にいたらアルトアイゼンが1ターン目で撃沈されてリセットしましたwww

今回は全体の話の流れと作品全体に対する感想、Bルート最終話どうやって攻略したのかを書こうと思います。

ではまず「第2次スパロボOG」の話流れ

・話は2話から18話まで魔装機神の舞台であるラ・ギアスで展開(これは分岐で2ルート

・19話からちゃんとした地上での話が展開(ただし、ラ・ギアスに過去のOG組が行っているので24話あたりから合流?

・その後は2回全ルート共通分岐があり、3回目の分岐ではSPポイントという一定の条件を満たすと得られるポイントの獲得数に応じて高難易度おそらく真エンディングルートに進める模様。

となってます。

ストーリー

・ラ・ギアスの内戦に地上人であるキョウスケ等お馴染の面子一部やノイエDC残党が巻き込まれる形で終戦まで迎える(18話まで

・そんな中地上ではツェルトン・プロジェクトやらプロジェクト・イデアランツやら色んな計画が新しい大統領直轄組織「ガイアセイバーズ」により行われており、ヒューゴやジョッシュやら新キャラが教導隊に参加。

・地上に戻ってきたヒリュウ改とハガネ、ガイアセイバーズTOPアルテウルにはめられ大統領を殺害。

・「ゲスト」「ルイ―ナ」「ガイアセイバーズ」「バラル」等々の敵対勢力と闘う

・「ルイ―ナ」との決戦時クロスゲート発見。

・人造神ガンエデンが起動しこれを停止に追い込む

・敵黒幕アルテウルが「AI1」「イング」「クロスゲート」を使い神となるためにガンエデンを取り込む。

・アルテウルがゼ・バルマリィ帝国ユーゼス・ゴッツォであることが発覚。

・最終決戦に勝利し、イルイも無事地球に帰還した描写でEND

これは第3次くるわぁwwwという内容ですね。ユーゼスが来て因果律因果律うるさかったですが、これでクヴォレー無事に登場できますね(^ω^)

特にイルイとの絡みが主にα2・3の面子なのがよりGOODでした♪

後はヒューゴとアクアが出てきて俺は満足です。

スパロボMXは個人的に思い入れがあるし、オリジナルの中では一番好きですね!!!

ふたりの戦闘中の掛け合いが大好きですよ!!!

ガルムレイド・ガルムレイドブレイズもカッコよすぎて即フル改造しちゃいましたしwww

サーベラス?・・・・・・なにそれおいしいの?←

あと、まさかの10号機登場ってのも凄いですね!

敵ユニットではありますが「ガルべルス」っていうスーパーロボットこいつもたまらねぇ!!!

それにフリッケライ・ガイストも参戦でアルトアイゼン・リーゼとの合体攻撃もあって使い勝手イイし文句ないですよ!!!

それと、今回初出のイングとアッシュですが強すぎです。

アッシュは後半「エグゼクスバイン」という凶鳥シリーズ最強性能の機体に乗り換えもあり、ブラックホールキャノンが最強技なので文句ないですwww

と機体やキャラで十分ぶひれましたが、序盤が魔装機神の話なので若干萎えました

そこまで魔装神機好きじゃないのと、さっさと「フリッケライとガルムレイド使わせろ」と思っていたので。

それでいて話も60話ちょっと・・・実際ガルムレイドは20話も使えない(途中数話離脱があるし、ヒューゴAI1に食われちゃうしで)結構不満は残りますね。

あと、物語の主人公?はおそらく機体とキャラ性能から言えばイングなのでしょうがあんまり熱くないというか・・・服どうにかならんかったんか?と思ってしまいます←

まぁそんなこといってたらもっと突っ込むべきはアクアなんですがwwwwww

システム的な面で言うと、「ツイン精神コマンド」はふたりで消費して使ったりするので若干使いづらいのと、攻撃方法で言うと「マキシマムブレイク」以外の「ダブルアタック」や「コンボアタック」は使わないだろ!!と突っ込みたくなるようないらない機能が多かった。

あと精神コマンド「魂」が無かったり、一人のキャラに「覚醒」「熱血」が集中してたりとなんでこうなった?と思うような精神コマンドの配置も多かったです。

「愛」を覚えると「熱血」を覚えないキャラというのも今回多数いて凄い使いずらかった・・・

元BOSSユニット、ソウルゲイン等々ちゃんとHP回復(大)とかそのまま搭載されているのはGOODでしたね。

あと、各勢力の最終決戦時にジャムプロジェクトの歌が流れるようになってるんですが、あれはラストバトルだけでいいよwww

正直60話過ぎから毎回そんな感じになっていて曲変えればいいってもんじゃないだろwwwって笑っちゃいました。

まぁ出来は満足ですが、ガルムレイドとフリッケライもっと序盤から使わせてよ(^ω^)←

とそんなこと言いつつ、次回作が楽しみな今日この頃であります・・・

さてさて、それでは最終話の攻略方法というか、やり方を下に書いておきます。

では・・・ノシ

「最終話攻略日記」

ラスボスが射程13あるので絶対にラスボスの射程内に入ってはいけません

初めに書きましたが、フル改造のアルトが1ターンで私は落とされリセットする羽目になったからですwww

ラスボスは2回攻撃&気力160以上で覚醒持ち&広範囲MAP兵器持ちなので絶対だめですwww

結構近くに初期配置されているので必ず、距離を測ってマーカーを置きましょう。

そしたら、近くにいる四凶2体と神僕3体は中~遠距離武器でブッタたたきます。

四凶は近くにいるだけで毎ターン開始時三マス以内の敵勢力ユニットの気力-3なのでっさっさと処分処分!

神僕はゆっくりでいいから処分処分!!!

真中のヴォルクルスは(上)(下)もラスボス射程外から攻撃するので射程7・8~の武器が必要になりますが、HP回復を持っているので、真中の中ボス5体を撃破してから取り掛かります。

ヴォルクルスは撃破すると合体して2回行動もちになるので、これも撃破してから行くことをお勧めします。

ターン数が掛かるので雑魚敵は奥の奴も勝手にたたかれに来てくれますので、気力の面では何も心配はいらないと思います。

この間に補給や修理で全ユニットを万全の状態にもどします。

すべての雑魚&中BOSSを倒したら、ハガネに全ユニットを搭載して射程内に突貫(この際必ずハガネに鉄壁・ラスボスに脱力をかけること(そうしないと覚醒が掛かったラスボスの3回攻撃を喰らって無改造ハガネは防御しても1ターンでおちますwwwもちろんヴォルクルスが残っていればそれだけでOUTの可能性が高まりますwwwユニットを出してもいいですが、SPを無駄に消費させたくないので温存です。

で、ハガネに載せていたユニットを出したらハガネは射程外に後退させて全機体でフルぼっこ。

熱血が使える機体はもれなくかけて殴ったのですが、それでも2ターン掛かっちゃいましたwww

ステージターン数でいえば20は絶対超えてますねwww

ただし、これでラクラク勝てましたぁ~♪

2012年12月 4日 (火)

超速変形ジャイロゼッター

さてさて、最近スパロボ脳になりつつある主です。

近々「007」のレビューやら、スパロボレビューやら、フィグマ・MS少女のレビューやらを書こうかと画策しております・・・

本当はスパロボずっとやったりしてるんだけどね←

と、今日は息抜きに友達と遊戯王でデュエルしてきたんですが、最近は他にハマり始めたものがあります。

それは秋からアニメが始まり、色々と話題になっている「超速変形ジャイロゼッター」です。Img_1655

これやる前まではお子様用のゲームだと思っていましたけど、そんなことはないですね。

兎に角順を追ってお話をしていきましょう・・・・・・

このゲームは100円を入れると、まずはカードが出てきます。

その後に「カードを買う」「ジャイロゼッターで遊ぶ」「遊び方を習う?」と3パターンの遊び方があります。

まず、「ジャイロゼッターで遊ぶ」これは一人で遊ぶもよし、2人で一緒に戦うも良しというなかなか面白い仕様です。

まず一人で遊ぶ場合、レースモードでレースを楽しんだ後、バトルモードで3対3のバトルという流れです。

2人モードの場合だと流れは同じですが、1Pがレースした後に2Pがレース、そしてバトルという流れです。

1人プレイと2人プレイの大きな違いは、バトルの敵が2人プレイだと超巨大BOSSと闘うという仕様になっているということです。

このBOSSがくっそ強いので、相当カードの組み合わせや戦術を考えなければ撃破は難しいんじゃないかとおもうわけです・・・

レースの目的は

・エネルギーゲージ貯蓄量をなるべく多くした状態で完走

・敵より早くゴールに着く

・バトル時の各ステータスに影響するエネルギーブロックの確保

といったところでしょうか。

ちなみにこのレースモード結構むずかしいですwww

ビックリしましたよ・・・こんなに難しいとは思ってみませんでした。

まだ調べたわけでもなく憶測でしか書いていないので、よくわかったいないんですがこの3点をちゃんと意識して走るべきですね。

特にカードのステータスのエコロジーというのは壁にぶつかったときのエネルギーのへり方が値が大きいほど軽減できるということみたいなので、エコロジーステータスの低い車ほど玄人向けということになっているんだと思います。

バトルの目的としては簡単な話「敵を倒す」という単純なものです。

ただこの攻撃手段として、「通常攻撃」「必殺技」「対必殺技カウンター」という3種類が用意されています。

また「通常攻撃」は敵に妨害されることは無いのですが、「必殺技」を止めて一方的に殴ることができるのが「カウンター」となっています。

ですので、ここの二つに関しては「カウンター>必殺技」ということみたいです・・・

ただ、相手が「通常攻撃」。自分が「カウンター」だと酷い威力の攻撃にしかならないので読みもくそもなく運任せ的なところがありますね(汗

でも、一体一体のモーションや必殺技は違うので、見ているだけでも楽しめると思います。

またSPカードという自分のチームに有利になる効果を発揮するカードもあるのでぜひ手に入れて戦いを有利に運びたいですね・・・

実は今日SPカード2枚もGETしちゃってウハウハなんですwww

オペ子とカケル・・・絶望的にカッコいいぜ!!!Img_1656Img_1657
次に「遊び方を教わる」的なモードはチュートリアルをお金を払ってやるという感じなので、いきなり実践がやりたいと思うならパスしてOKな仕様ですね。

実際普通に遊ぶモードでも練習コースというのがありますので・・・

さてさて、ジャイロゼッターはスクエニが思っていたほど利益を挙げなかったようですが、この機械は今までのカード自販機の中では際立って高性能だと言えます。

何故かというと「カードを買う」というこのモード・・・本当にカードをストレスを感じることなく買えるんですよ!!!

というのも、従来のカード自販機(私は遊戯王のデュエルターミナルしかやったことない)のカードだけ購入は普段一枚出ればまた一々カードを買う選択を迫られるわけですが・・・

ジャイロゼッターは「カードを買う」を選択すると100円を入れてくれと博士が言いつつ、カウントが10、9、8・・・と続いていきます。

この間に一枚100円を投入するごとにカードが出てきて、カウントが10まで回復・・・0になる前までに100円を投入し続ければどんどんカードが手に入る・・・

こんなにすんなりカード自販機が自販機してるとかすげぇぇぇ!!!

というのが私の中ではかなりの衝撃となったわけです・・・

ただ、それだけですねん←

と、まぁこれからカードの攻撃属性だとか、もっと調べなきゃいけないこともおおいので、大いに楽しんでプレイしたいなぁ~と思う今日この頃なのです!

最後に私のお気に入りのカードを紹介して終わりにします。Img_1659この「ペンリー3世」はステータスが見るからに低く、エコロジーだけ飛びぬけて高い機体となっていますが、是非バトルで必殺技を使ってみていただきたい!!!

こいつほんとカッコいいです!!!Img_1658「アルシオーネ」はエコロジーが多少低くはありますが、全体的にステータスは高く、何よりフォルムがキツネ女性型?っぽくて素敵です。

また必殺技はなかなかカッコいいのでみてほしいものですね!!!

では、今回はこんな感じで・・・

ノシ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »