ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« QBと契約しました | トップページ | パズドラ ステッカー »

2012年11月14日 (水)

「悪の教典」感想 ※ネタばれ有り

ということで、楽しみにしていた「悪の教典」を観てきました♪

ネタバレありの感想なので写真下から始めます。

ネタばれNGな方はバックしてくらはい・・・005018さてさて、「悪の教典」・・・本当に面白い!!!

ほんともう超イイね!!!!!!

なんてすばらしいバイオレンス!!!!!

というか日本映画でここまでの一方的な虐殺がみれるなんてね!!!!!

この作品サイコ・ホラーらしいけどオレ楽しみ方まちがってるゥゥゥゥゥゥ!!!???

話としては、

「人の感情として共感するってことができないハスミンという人が、自分に都合の悪い人間をドンドン証拠を残さず殺していく。ところが、自分の計画には無い殺人を犯してしまったことで、自分の勤める高校の生徒を皆殺しにして自分があたかも被害者であったということをねつ造しようと皆殺し計画を開始。しかし、最終的に2人生徒を殺し損ねて捕まっちゃった☆だけどハスミンは捕まっても精神障害者を装って刑期を軽くして、次の計画はもう始まってますよ(^ω^)」

to be continued

というものです。

色々細かいところを突っ込みたくなりましたが、それ以上に後半の怒涛の一方的な殺害が魅力過ぎて文句ないです!!!

ここまでバッタバッタと殺していく様は清々しいです。

ハスミンという教師は生徒に絶大の信頼を得ていた為に、生徒たちが慌てふためくさまは必見!!!

中でも一番スカッシーンがあったので紹介をば。

話中盤、いきなり出てきた両想いの男女がいて、男はアーチェリー部のエース女子は普通の女の子という2人が出てきます。

男が殺戮の始まる前に「2人っきりでアーチェリー部部室で話がしたい」といって女の子を呼び出しており、殺戮が始まった時には離れ離れに・・・

そんな中、殺戮が始まったことを知った男は唯一一人外におり、外に逃げようとした生徒は次々とハスミンの猟銃の餌食となっておりました。

その現場を目撃した男はホントはハスミンに一撃みまってやろうとしていたんですが、学校郊外に逃げ出します。

ただ、男は逃げ出しバス停で助けを求めて男性にすがりついた直後、女を学校においてきぼりにしたことを後悔し逃げてきた道のりをまた引き返します。

それと時を同じくして、

「あたいの愛しい彼が下できっと待っていてくれてるんや!」

と仲間の静止を振り切り、三階?あたりからロープで決死の降下作戦を開始

もちろん手袋や軍手なんてしていないので、摩擦で手は血だらけに

でも放したら地面に急降下という状況なので我慢して下に降りていきますが・・・

結局着地に失敗して右足を骨折してしまいますが、帰ってきた愛しの彼を校庭のちょうど反対側に居るのを発見します。

「なんとか~」「かんとか~」(かませ臭がし過ぎて名前を覚えてないんです)

とお互い名前を呼び合いますが、直後男が「ハッ」となって手を口をふさぐが時すでに遅し。

その愛しい君を呼び合う声は勿論殺戮を楽しんでいるハスミンの元にも届いており、ハスミンは教室の窓から二人を発見。

自分が被害者になるためには生徒を逃がすわけにはいかない(もう警察に通報されてしまっているので、この時点でハスミンの計画は狂っていますが本人は知る由もないわけですが)と思っているため、アーチェリーで反撃しようとしている男に昔の殺しに明け暮れていた相棒の幻覚が乗り移った猟銃で狙いを定めます。

散弾VSアーチェリーの矢・・・結果男は散弾に撃ち抜かれ好きな男が目の前で殺され呆然と立ち尽くす間もなく女も2発目の散弾であの世行き。

あぁ・・・今思い出してもこのシーンはスカッとします!!!

もともとこの物語には主要な3人の生徒が登場していたので、この2人に焦点が急に当たり始めた時は

「お前らの純愛劇なんて必要ないから!!!さっさと退場していいから!!!」

心の中で散々怒鳴り散らしておりました(ぇ

ポッと出のキャラがハスミンを殺したらどうしてくれようかと思ったぐらい。

またハスミンってキャラは本当に面白くて、全裸のくせにソックス着用のスポーツシューズを履いて家の中で筋トレしたりとこだわりが半端じゃないですね。

こだわりと言うかそれも障害があるが故なんですかね?

登場キャラの個性もなかなか強く、生徒と先生のゲイ♂カップルがいたり、生徒の弱みを握って自分にご奉仕させて、パンツだけで1回性交渉した女の匂いを嗅ぎあてる変態パワハラ教師がいたりと目白押し。

あぁ、そうそう!

もう1つ面白かったのは東大を目指しているガリ勉君がいて、そいつがハスミンに助けを請うんですが、「先生、僕は東大に行くんです」と言うんです。

そしたらハスミンが「TO DIE」と返してぶち殺すというもの。

これもテンポよくあの世にいかせてあげていて最高ですね♪

エクスペンタブルズのほうがドンぱち物としては楽しめましたが、ハスミンという狂人の計画性というか強かさ・・・またラストの捕まったときでも精神障害者を装っているのに生存者の内1人が気づき、それに笑顔で応えリズムを刻み踊るハスミンは今でも脳に焼き付いております。

あぁ・・・至福の時間を有難うハスミン。

「時計じかけのオレンジ」のアレックスボーイと組むことは一生あり得ないですが、スーパー狂人チームを組ませるならハスミン&アレックスは私の中では激アツですねwww

兎に角、ずっとテンポよく話は進むので退屈する暇がありませんでした!

もう一回観に行きたいですね!!!

ではでは今回はこのへんで・・・

ノシ

« QBと契約しました | トップページ | パズドラ ステッカー »

映画 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651826/47834397

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪の教典」感想 ※ネタばれ有り:

» 映画「悪の教典」主人公の「狂気」までは届かなかった [soramove]
「悪の教典」★★★☆ 伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、 林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、 山田孝之、平岳大、吹越満出演 三池崇史 監督、 129分、2012年11月10日より全国にて公開 2012,日本,東宝 (原題/原作:悪の教典 /湊かなえ ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場2位発進、「のぼうの城」のV2を 阻むことは出来... [続きを読む]

« QBと契約しました | トップページ | パズドラ ステッカー »