ツイッタ―

ほしいものリスト

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読ませたい漫画

無料ブログはココログ

« コミケ参戦後~お台場放浪記~ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ »

2012年8月14日 (火)

映画「プロメテウス」~感想~ ※ネタばれあり

先行上映でやっていた「プロメテウス」観てきました♪

人類の起源を探るというお話だということで、私の好奇心を駆り立てられたからなのですが・・・

この下に青空と雲の写真を二枚はります。

その写真の下からネタばれ含めつつ感想書きます。

だからネタばれ観たくない人は青空写真から下には進まないでください!

では・・・

214228と、では予告通りここからネタばれを大いに含めた感想を書いていきますね。

まず「人類の起源」という壮大なキャッチフレーズですが端的にネタばれしますと・・・

「エイリアンの起源」でござるwwwwww

エイリアン?と思った方いらっしゃると思いますが、「プロメテウス」の監督さんはあの映画「エイリアン」の監督さんです・・・

これでもう分かりましたよね( ̄▽ ̄)?

エイリアンはエイリアンであってなんで人類の起源なの???と思うでしょう。

では感想を書きつつ、お話のネタばらしと逝きます。

_________________________________________________________________________

最初は「惑星探査船プロメテウス号」で選ばれし精鋭17人(人間+アンドロイド)が宇宙に飛び立ち、その目的地に着いたところまでを描いていますが特に書くことも無く割愛しますwww

さてさて、ついに目的地に着いた主人公一行は変な人為的に作られていそうな場所を探索することにしました。

探索開始後すぐに、探索隊員のうち2人がここで「おらこんな場所さ、いやだ!!」といって本体と別行動。

わがままな奴らですね~。これだから集団行動のできない奴らは←

思いっきりフラグが経ちました・・・死のにおいがぷんぷん(*^m^)

そんなこんなでついに、探索隊は異星人の存在の可能性(死体)をGETするんですね~。

なおかつ、光を浴びるとなんだか動いちゃう気持ち悪い筒状のものがいっぱいあるところに行きつくんですが、あまりにも雰囲気がおかしいということで引き上げます。

ちなみに、引き上げるときにアンドロイドのデヴィットが銀の筒を1つ勝手に持ち出してしまいます。

どうも、デヴィット曰くこの銀筒有機体らしいです・・・はて?

ちなみに、このアンドロイド「私に感情はありません」って終始言ってるんですが、絶対嘘ですわ。

だって、こいついなかったらエイリアン生まれてないもの←←←

そして、探索隊は帰還後死体の頭の分析にかかるんですが、この頭実は外装で覆われていることがわかるんですね。

外装をはずして見るとあら不思議!?人間の顔が出てきちゃいましたよ!!

随分無毛で綺麗な坊主様だこと←

一応こいつが異星人です。

そのあとアンドロイドのデヴィットはお土産であるキモい銀筒を空けてしまうんですね!!

そして中から出てきたものは、変な液体の瓶でした。

この瓶の中に黒い粒粒がいっぱいあってデヴィットは何を思ったのか、取り出してしまいます。

そして、その粒粒を酒に混ぜて主人公の彼氏に飲ませます。

いや~えげつないよアンドロイドwwwなに人体実験してんだよwww

そんな中、帰る!!と先ほどダダをこねた2人は本体に帰らず人工物みたいなところにとどまっていましたとさ。

2人はグダグダと愚痴を言いつつ、キモい銀筒のエリアに足を踏み入れちゃうんですね。

・・・そこで不思議な亀頭のような頭の蛇みたいのに遭遇してしまいます!!

はっきりいっていきなり亀頭が生えてきたときには何事か!!!???と思いましたよ。

なんだこれ?実は下ネタ全開の映画だったのか???って←

「ヘイ、ベイビー怖がらなくていいんだよ~(ビビりながら」で、もれなくフラグを経てつつ、蛇に一人が話しかけるんですが、さすがにこの言い方に切れた亀頭ちゃん。

「しゃ~!!!」と言いつつお口を全開に広げて威嚇しちゃうんですねwww

ちなみにこの威嚇したときの口が思いきり「エイリアン」でお馴染卵を植え付ける「フェイスハガ―」なんですよwww

ぎゃあああああああああああああああああああああwwwwwwww

でもまだここでは「まさかね!?」ぐらいにしか思ってなかったんですが・・・

次の瞬間その蛇みたいな亀頭ちゃんが挑発してきた一人の腕に絡みつき、軽~く腕を折ります。

そして防護服の破れた場所から侵入し、口内に自分を突っ込んでしまうンです・・・

もう一人も何とかしようとしたら亀頭ちゃん増えちゃうし、顔が硫酸でやられちゃいます。

あー・・・これ絶対変なのになっちゃうでしょ(;´Д⊂という予感到来。

まさに絶望の淵に立つ私・・・正直エイリアンだとわかっていたら一人で観に来てないわwww

そんなことに気付かず、主人公やら艦長やらはみんなセクロスよろしく!で皆眠りに・・・

そして、夜は明けデヴィットに前日やらかされた主人公の彼氏は自分の体の異変に気付きつつも調査たいとして人工物の再調査に赴きます。

が、調査を開始しようとした束の間昨日帰ってこなかったうちの一人の遺体を発見と同時に彼氏の眼球真っ赤っかヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

これは危なすぎる!!ということで調査隊は本体に戻ることにします。

が、感染症に彼氏が掛かってる!戻すのはまずい!ということで監査員のパツ金ねーちゃんが彼氏を火炎放射機でやいちゃいますwww

その時の主人公のセリフ「タチバナザン!ウソダドンドコドン!!!」(嘘です

まー目の前で殺されちゃったので、あまりのショックで主人公は気絶をしてしまうんです。

目を覚ますと検査ベットの上・・・横にはデヴィットが。

デヴィットは「お気の毒でした、主人公。ちなみにこんな時に言うのもなんですが、あなた赤ちゃん妊娠してるんですね。ちなみに3カ月です」

実は前夜のセクロス突入前で主人公は不妊症というか一生妊娠できない体だということを告白しているので、そんなことありえない!!というのは主人公も観客も一緒なわけです!!

しかも10時間前にやったばっかなのに、いきなり3カ月の胎児だとぉぉぉwww

主人公は「早くお腹の中の異物を取り出して!!」とデヴィットに懇願するんですが、この船にそんな帝王切開の技術もった人はいないと断ってしまいます。

この船プロメテウス号には医者はいなくて、手術もできるオートリペアマシーンというのが設置されてるんですが出産関係のデータはなんにも入っていないという設定なんです。

で、腹もいてーし変なものが腹の中に入ってるということで死に物狂いで鎮静剤やら痛み止めを適当に打って、主人公は機械で腹を切って開いて異物を取り出すわけですわ。。。

その時に出てきたのが「灰色でイカのようなフォルムでタコみたいな頭をした4本足の何か」です。。。

おげーアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

こいつが生きが良いのなんの・・・びちびちうごきまくるんですよ・・・もう絶叫もんです。。。

主人公は絶叫しながらも、機械のアームに挟んで医療室に隔離して放置して逃走。。。

ここで1つ整理しておきたいのが、なんで主人公が寄生されたのか?ということですが、答えは簡単ですね!

セクロスしたときに彼氏全身感染してた(正しくは寄生されてた)。

セクロスしたときにどうせ妊娠しないっしょ!という理由(ぇで中田氏。

そしてオタマジャクシは悪魔になっていましたとさ!!

結論:実は精子も寄生されてましたwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんという!!!なんというえげつなさ!!!!!オタマジャクシまでもが悪魔になっていたとわ!!!!!!!

ということです←

また主人公出産と同時進行で、口から寄生された隊員が船に帰ってきて人間のパワーのリミッター解除した状態で暴れまくってるんですが無事鎮圧されます(トラックのタイヤでひくという超物理攻撃で一撃でしたwww

で、映画本編はここまでで一つの仮説として、

・銀筒はあくまで人類を作った種族が一種の兵器として開発したもの。

・その種族は地球に人類を作ってはみたが、何らかの理由で滅亡させるために地球に行くところだった。(デヴィット曰く「破壊から再生ははじまる」とのこと)

・異星人が死亡したのは約2000年前(この時代には年代検出装置みたいのがあるようで肉の腐り具合とかから判別できるらしい?

・だが銀筒兵器が数千・異星人の死体いっぱいが発見されていることから銀筒兵器が暴走。ただ一人を残して異星人は全滅。(銀筒の種は寄生しても寄生体が死亡すると同時に死亡してしまうため。異星人の死体を検査している時にこれはわかります。

・だからこそこの場所にこんな兵器が残ってた?

・ってかあの異星人が人類の創造主?(DNAを人類のサンプルと異星人のものとで調査したところ完全に一致したためです。

・あと異星人が1人だけコールドスリープして生きてっから話しに行ってみっか?

という話まで進みます。

また銀筒に寄生されても、増殖するとかそういったことはなく、寄生した本体が死亡すればそのまま機能停止がこの時の銀筒兵器の限界です。

で、主人公は腹かっさばいてホチキスでとめているだけなのに動きまくるんですよ・・・

いや~デヴィットもいってましたが「恐るべき生命力」ですよね。。。

イカタコちゃん出産直後だっていうのに・・・おげーΣ( ゜Д゜)ハッ!

で、主人公一行は異星人を起こすんですが異星人は怒っちゃって主人公一派をぶち殺しにかかります。。。

命からがら逃げ出した主人公(他4人も同行してたんですが一瞬にして殺されちゃいます)。

異星人はそんな主人公なんて気にも留めず、自分の船(銀筒兵器搭載)を地球に向けて飛ばそうとします。

それを阻止するために、プロメテウス号は主人公と居住空間と医療室を搭載した脱出ポッドを放出して特攻を仕掛けるんでえす。

この時の艦長と他2人が超カッコいいんですが、クロワッサンみたいな形の敵艦の出向を防ぐことはできたんです・・・でもクロワッサンまさかのノーダメージモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

で、やっと敵も止めたのに酸素尽きるしぬーって状態に主人公は陥るので脱出ポッドに行くんです・・・

医療室も搭載してるって先ほど書いたんですが、この医療室が出産現場なわけです・・・

で、恐る恐る出産現場を覗いてみると・・・イカタコちゃんでかくなってるー∑q|゚Д゚|p!!!

糞でかかったですwww大王イカぐらいのでかさですかねwww

で、しかも目の前には怒り狂った異星人襲来(あひゃー!!!!

主人公もう終わりだろ・・・と思った瞬間、主人公が召還術を使うんです!!

そうです、my son 「イカタコ」召還wwwwww

ドアのロックを解除してイカタコに異星人を襲わせるんですよwww

で、そそくさと逃げる主人公www

えええwwwこうなるのかよwwwってwww

んで、そのままイカタコちゃんはイカやタコの如く異星人に絡みつき、お口の中からインナーマウスを出して口にぶち込むんですΣ((oÅO艸*)

あ~エイリアンのあれだーあの細い口だーΣ(゚□゚(゚□゚*)!!!

流石監督!エイリアンっぽくしたかったんだな(まだ俺気付かない

・・・その後異星人がバタバタ少ししながら息絶えるんですが・・・

いや~異星人もでかいんですけど(2メートルぐらい)それ以上にデカイイカタコちゃん。

そのくせ、イカタコちゃんも動かなくなっちゃったんです・・・あれれ???おかしいな???

そんな中主人公は敵のクロワッサン船(保管されてたもう一隻)をデヴィットに操縦させて異星人の故郷へと旅立つという自殺行為で物語は終わり・・・ません!!!!!

主人公が旅立った直後、さっきまでビクンビクンしてた異星人も息絶えて、横たわっているシーンに切り替わったんです。

その沈黙とともにお腹がいきなりぼこぼこ膨れ出して・・・みなさんお馴染の「エイリアン」が生まれてEND!!!

ここのENDのとこで私,エイリアンの創世記だったのかと気付きましたwww

細かいところはあんまり書いてないので自分の目で確認していただきたいのですが、最後にまとめです。

最初に「人類の起源」=「エイリアンの起源」だと言いましたがDNAとかもさほど変わっていない可能性が高そうですよね。

主人公の彼氏の精子に寄生したことで銀筒兵器は一種の生殖能力を得ることができたわけで、さらには人類と同じDNAをもつ異星人のお腹からでてきたのがあの有名な「エイリアン」なわけですから。

ってことで「エイリアン」って実は限りなく人類に近いんじゃないの?ってことで私は「エイリアンの起源」と解釈してみます。

ただ、フェイスハガ―の元祖があんなにでかいとは思いもしませんでしたがwww

またデヴィットがあんな人体実験しなけりゃエイリアンの起源「イカタコちゃん」は生まれなかったのにwww

で、この物語の核心だと思うんですが、「破壊と再構築」ってことが一番大事なんじゃないかと。

じつは銀筒兵器の種を話しょっぱなから異星人が大量に飲んで肉体が消滅し、DNAも破壊されつつも再構築される場面があるんです。

これがあったってことは、銀筒兵器ってのは生物の一部を破壊・そののち再構築しているにすぎないってことですもんね。

DNA自体は作りかえられちゃってるから一概に同じ生物とは言えないのかな?

でも起源は起源です!!!

やっぱり自分の目で見るのが一番ですよ!!(ぉぃぉぃ

エイリアンばんざーいヾ(´ε`*)ゝ←

ということで、今回は終わりにします。

おやすみなさいノシ

« コミケ参戦後~お台場放浪記~ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ »

映画 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651826/46685104

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「プロメテウス」~感想~ ※ネタばれあり:

» 【プロメテウス(2012)】 [明るいときに見えないものが暗闇では見える。]
【ネタバレあり】 予告で「人類の起源」と煽りまくられた結果『2001年宇宙の旅』レベルのものを期待しながら鑑賞。結果、猛烈な「オモテタノトチガウ」「コレジャナイ」感とともに帰宅の途につく。そもそも某映画のビギンズものであることを隠す必要もないし、おバ...... [続きを読む]

« コミケ参戦後~お台場放浪記~ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ »